【個人的メモ】2018年12月観劇の総括と、2018年の総括。

13本観劇。1アート鑑賞。意外と少ないなぁ、と思った年の瀬。CoRichアワードに投票してきました。


12月の観劇総括

今月の観劇は、13本+KAATのアート1本。観劇収めの「高校演劇サミット」は、3校の作品を観ましたが、1公演としてカウント。忘年会のはざまに、結構劇場に通っていた印象なんですが、振り返ってみると13本かぁ、という感じです。
f:id:techpapa:20181229160524p:plain


2018年の観劇総括

総本数25本。10月に観た「華氏451度」を皮切りに、10-12月で25本。よく観たなぁ。


CoRich舞台芸術アワード!

「CoRich舞台芸術アワード!」に、7票、投票権を頂きましたので、投票させていただきました。

ベストテンは、この10本。

1位 逢いにいくの、雨だけど iaku
2位 オイディプスREXXX KAAT神奈川芸術劇場
3位 ミセスダイヤモンド ろりえ
4位 そこまで言わんでモリエール 笑の内閣
4位 堀船 秘密結社ブランコ
5位 華氏451度 KAAT神奈川芸術劇場
6位 善悪の彼岸 ワンツーワークス
7位 この星に生まれて アンティークス
8位 享保の暗闘~吉宗と宗春 雀組ホエールズ
9位 クロノスコープ少女 劇団ミックスドッグス
10位 セールスマンの死 KAAT神奈川芸術劇場

この中の、1~7位に投票させていただきました。
そもそも、観劇に順位をつけるのはどうか、という思いもありますが。
一つの区切り目の時期に、印象に残ったものを記憶の手助けとして書き出すにはよいかなと思っています。

注としては
・秘密結社ブランコ「堀船」はCoRichに登録されていないんですよね。投票できないので、同率4位。
・こまばアゴラ劇場「高校演劇サミット2018」は、3本まとめて1公演なので、順位に含めず。単品作品としては「月面、着陸。」は10位くらいかも。
・KAAT贔屓なのは認めますよ、はい。頑張れ神奈川芸術劇場っ、という事で。
ですね。

皆様良いお年を。
2019年も楽しい作品に出会えますように。

舞台