忙しい仕事のスキマに、ロンドンでミュージカルのチケットをゲットして、観る方法 (How to watch Musical during busy trip in London.)

ロンドン出張の仕事の合間に、ミュージカルを観た時のチケット獲得方法の記録です。

2019年4月上旬の経験を基に書きました。


こんな人向けの記事です

先日、会社の出張でロンドンに行ってきました。

仕事の都合で、宿泊したのがロンドンの外れ。

ロンドン市内中心部まで、地下鉄その他で1時間程度かかる場所だったので、直接劇場でチケットを買うのが難しい状況でした。

また、仕事が終わる時間が微妙だったりで、事前にチケットを取っておく、というのが少し厳しい状況。チケット買ったのに、イギリスの長話オジサンに捕まって、観に行けなかったら悲しいし…。

こんな、ちょっと忙しくロンドンを訪問している貴方に。

チケットの入手について、自分の経験を書いておきます。

ちなみに、公演レポートはこちら。


London Theatre Directとは?

私がチケット購入に利用したのは、London Theatre Directです。

他にも代理店はあるようなのですが、ここのサイトが一番分かり易かったです。英語版しかありませんが、基本的な英語が理解できれば、それ程苦労せずに使えると思います。

London Theatre Tickets – London Shows | London Theatre Direct

f:id:techpapa:20190429112019p:plain

予約の方法は、こちらのサイトが詳しいです。引用して、説明は手抜きさせてもらいます。笑

ロンドンミュージカルチケット チケットのオンライン予約の手順

style="display:block"

data-ad-client="ca-pub-1232309026044206"

data-ad-slot="4090779988"

data-ad-format="auto"

data-full-width-responsive="true">


ここがイイね。London Theatre Direct

London Theatre Directの「イイね」ポイントを挙げてみます。

公演が豊富

結構な数の公演をカバーしています。

「ミュージカル」「(ストレート)プレイ」「オペラ」「ダンス」から「Off West-End」まで。「ディスカウントチケット」「直前」なんかもあり、直前に安く出ているチケットなんかもありますね。

f:id:techpapa:20190429113537p:plain

席を指定して予約できる

劇場全体の座席図をみながら、座席指定できます。例えば私が観たWickedの公演なら、こんな感じ。

f:id:techpapa:20190429103158p:plain

席種、チケット金額を絞りながら、具体的に座席指定できます。これはなかなかイイ。演目によるとは思いますが、当日の予約でも、3列目の通路寄りの席を取れた事がありました。

予約は開演30分前まで

いろんな演目を眺めていたのですが、私がチェックしていた演目は全て、30分前までネットで予約可能でした。30分前まで座席指定可能って、凄いなぁ。

公演当日になると安くなる

London Theatre Directでの予約は、公演当日になると、料金が安くなる演目が多くありました。大体£10程度、一気に値下がりします。席に余裕のある公演の場合には、当日に予約するのが結構お勧めかも。

もちろん、演目によっては値段が下がらないチケットもあると思います。加えて、当日は、結構席が素早く埋まっていきますので注意。私は、迷っているうちに最前列を逃しましたね。

当日、劇場でチケットを受け取れる

「BOX OFFICE COLLECTION」で購入しておけば、劇場にくっついているチケット売り場でチケットを受け取れます。印刷も不要です。

基本は「予約番号」と「氏名」を伝えれば、受け取れます。もしかしたら身分証明を求められたら嫌なので、念のためパスポートは携帯の事。

あるいは、予約が完了するとメールが届くので、その画面を持っておいて、スマホごと、BOXのお姉さんに渡すのが分かり易いです。イギリス内でインターネットに接続していない人は、ホテルのWi-Fiなどに繋いでいるときに、画面ショットなどを取るのを忘れずに。

受取の際に、ほぼ毎回「sirname」を聞かれます。名字ですね。日本人の名字は、イギリスの人にとって聞き取りにくいので、やり取りに時間がかかる場合があります。(単純に、受付の人も聞き取れていなくて、戸惑っている)。

紙に書いて渡してあげるか、スペルを1文字ずつ伝えるとスムーズに行きました。(スズキ、だったら、「S」「U」「S」・・・みたいに)。

開演前にチケットを受け取るので、受付も列が長かったり、結構バタバタしているので、このあたりは覚えておくと安心かも。

style="display:block"

data-ad-client="ca-pub-1232309026044206"

data-ad-slot="4090779988"

data-ad-format="auto"

data-full-width-responsive="true">


ここがイマイチ。London Theatre Direct

割と便利な、London Thertre Directですが、残念ポイントを挙げてみます。

Booking Feeがかかる

Googleで検索する限り、チケット代理店はいくつか種類があるようですが、基本的にはチケット予約には、どこで予約してもFeeがかかります。もちろん、London Theatre Directも、Booking Feeがかかります。

これは通常のチケットの場合、チケット代金に含まれています。つまり普通に買うと、Feeには気が付きません。

劇場でチケットを受け取ると、チケット原価が書かれているので、どの程度取られているか、分かるんですよね。チケット原価と、Booking Feeの一覧はこんな感じでした。

演目 London Thertre Direct価格 劇場価格 Fee
Wicked #1 £87 £72 £15
Wicked #2 £87 £72 £15
Mamma mia! £33.0 £27.5 £5.5
Waitress £42 £35 £7

15ポントは馬鹿にならないですね…。

Booking Feeが無料、という演目もあります。主催者側がFeeを持っているんでしょうね。

f:id:techpapa:20190429110305p:plain

JCBは利用できない

まあ、ヨーロッパではありがちですが、London Thertre Directは、JCBは利用できません。利用可能カードに、JCBのマークが書いてあったりしますが、カード番号を入れると「使えません」となります。VISAかMastreを利用しましょう。あとは、VISAでも、デビットカードはダメな場合もあるようなので注意です。

カード会社に登録したパスワードが必要なことあり

カード認証時に、「3-Dセキュア」の認証が求められます。クレジットカードの、利用明細参照とかで登録しているパスワードを求められますので、注意が必要。

異国の地でパスワード分からないので、チケット買えない・・・は悲しすぎるので注意です。

「3-Dセキュア」については、例えば私の使っているVISAカードだと、こんな説明がありますね。

認証サービスのご案内|クレジットカードはUCカード

style="display:block"

data-ad-client="ca-pub-1232309026044206"

data-ad-slot="4090779988"

data-ad-format="auto"

data-full-width-responsive="true">


他の買い方

もちろん、時間があるなら、チケットを安く手に入れる方法は他にもあります。

TKTS

チケットを安く売っている場所は、レクター・スクエアにあるTKTSなんかが有名ですね。

ここだと、半額とかでチケットが手に入ることもあるようなので、時間に余裕があるならここで入手するのもアリです。

TKTS London | Last minute and discount theatre tickets

f:id:techpapa:20190429105804p:plain

TimeOut

これは、帰国してから知ったのですが・・・。

「TimeOut」っていうサイトが、London Theatre Directと似たような仕組みで、かなりチケット代金が安いようなんですよね。こちらを利用するのもアリ。

ただ、ちょっとサイトが使いにくい面があるかな。

Time Out London - Events, Attractions & What's on in London

劇場で直接買う

もちろん、劇場のBOX OFFICEで直接買うっていう方法もあります。

3度目のWickedは、出張での仕事も完了して、宿泊先もロンドンに移動。時間に余裕があったので、劇場のBOXで直接購入しました。劇場で買う前に、London Thertre Directをみてみると、8ポンド程高く売っていました。

劇場で買うときの注意点は、明日以降の公演のチケットをBOX OFFICEで買うときは、営業時間が限られている点。

例えばWickedの場合は、劇場ホームページに以下の記載がありますね。

Book Tickets | Wicked The Musical

f:id:techpapa:20190429103631p:plain

18時以降と、マチネの13:00~14:45は、当日券以外のチケットは入手できません。昼間仕事している身としては、この営業時間だと、「夜に明日観に行く芝居の劇場に立ち寄って、チケット買っていく」…っていうのが、出来ないんですよね。

ま、逆に当日券なら買えます。

それと、日曜日は、公演も休演。BOXも完全休業日なので、お忘れなく。

ホテルで買う

ホテルで、大抵の場合代理でチケットを手配してくれるようです。私は使っていませんが…席を指定できずに、何だかものすごく高いBooking Feeを取られそうなイメージです。どうしてもほかに方法がない、というときは、聞いてみるのもアリです。

style="display:block"

data-ad-client="ca-pub-1232309026044206"

data-ad-slot="4090779988"

data-ad-format="auto"

data-full-width-responsive="true">


London Thertre Directの賢い使い方

以上のような特徴を持つ、London Thertre Direct。こんな使い方が賢いんじゃないかと思います。

売れ行きチェックして、当日に安くなったイイ席を買う

チケットの売れ筋をちょこちょこ横目で見つつ、当日にいい席を押さえる、っていうのが割とお勧めな使い方。当日でもかなりいい席が空いていたりします。

今回の私のように、観劇が直前まで決めれない場合でも、決まった時点で予約してしまえばOK。インターネットがつながれば、移動中に予約できますね。

私は、劇場に向かうバスの中で予約していました。(日本と違い、地下鉄の中は携帯電話の電波が入らないところも多いので、注意。)

売れ行きチェックに使い、チケットは劇場で直接買う

あくまでLondon Thertre Directは「空席の確認」に利用して、最終的に買うのは、劇場のBOXで、という方法です。

座席表で空席が確認できますので、劇場全体の席をみながら、どのくらい空いているのか・空いていないのか、の確認にも使えます。売れ行きのリサーチにはもってこいです。ここで空き状況を確認して、直接劇場に向かって、BOX OFFICEで買えば、Booking Feeも節約できます。もし席が埋まりそうなら、すぐにLondon Thertre Directで予約してしまえば、チャンスを逃さずに済みます。

前にも書きましたが、明日以降の公演のチケットをBOX OFFICEで買うときは、営業時間が限られていたりするので注意が必要です。


まとめ

突然決まったロンドン出張で、何とかミュージカルのチケットを観に行くために試行錯誤した方法をまとめてみました。

今回の経験は、あくまで時間がない時向け。

出張の合間なんかで忙しいときは、このLondon Thertre Directを使って、いい席で観るのもアリかな、と思います。

いつでもどこでも観放題!演劇動画配信サービス「観劇三昧」

お芝居好きの方は、要登録サービスです。

舞台