「華氏451度」@神奈川芸術劇場(KAAT)

神奈川芸術劇場(KAAT)で、「華氏451度」を観てきました。

どもっ\(´▽`*)。てっくぱぱです。

KAATで、「華氏451度」を観てきました。

観劇日:2018年10月4日(木) 14:00-

 

f:id:techpapa:20181009195134j:plain

 

公式サイトはこちら。

 

原作はレイ・ブラットベリーの小説。

本を持つことが許されない、近未来の管理社会の話。
残っている本を焼く「ファイヤーマン」を仕事にする男、モンターグの物語。

まず何より、本棚を模した舞台セットが圧倒的。
本を軽々しく扱う象徴のような、スポンジで出来たような本も効果的だった。
舞台装置と閉鎖的な世界観をあらわす照明も、見事だった。

 

役者は、主人公のモンターグ以外は1人複数役をこなす。
モンターグを取り巻く状況の物語であることが、よく表現されていた。

 

焚書などの、歴史的な出来事に対する警鐘、はもちろんのこと、
インターネット時代は情報が早く伝わりすぎて、
人生をかみしめるような、本の存在が軽くなっている。

そのことに対して、重い問題を投げかけているように感じた。

 

舞台#KAAT