<公演レポ>青春事情「カラフルモノクローム」ゆっくり流れる時間を生きる登場人物に、観客が出会う作品。

一人一人のキャラクターがVivid。何故か「朝ドラ」っぽい印象を受けるお芝居。

f:id:techpapa:20181209171613p:plain


どもっ\(´▽`*)。てっくぱぱです。
青春事情第17回公演「カラフルモノクローム」の、舞台を観てきました。

公演データ

青春事情第17回公演
「カラフルモノクローム」
2018/12/13 (木) ~ 2018/12/18 (火)
OFF OFFシアター
脚本・演出 大野ユウジ(青春事情)

観劇データ

日時 2018年12月14日 19時30分〜
上演時間 95分(途中休憩なし)
★★★☆☆(3/5点満点)

客席の様子

若い方中心ですが、いろんな年齢層の方がいました。どんな層の方なのか、ちょっと分からなかったです。埋まりは8割くらい。


「青春事情」?

今回、初めて観に行く「青春事情」。
青春事情は、2000年に代表の松本 悠を中心に旗揚げされた劇団。元々は一度きりの公演だったようですが、2005年に活動再開して現在に至るようです。演劇賞などの受賞履歴もあるようで、地道に活動を続けている小劇団の印象を受けます。
青春事情 オフィシャルウェブサイト


ストーリー

公式サイトにはこんな感じで書いてあります。

そこは北海道のとある写真館。正確には写真館だった場所。後片付けをしていて見つけた1枚の白黒の写真。そこに写っていたのは約70年前の写真館だった。
時は昭和25年。写真館を営む男と、そこに集まる少しピントがズレた人々の物語。彼らのモノクロームの日常がカラフルに色づき始める!!

とあります。冒頭で見つかる写真館の営業日報を紐解きながら、昭和25年から始まる写真家のの物語と、現代の物語が交錯します。
非常にほのぼのと、時には涙を交えながら進む物語。演劇初心者にも観易い芝居だと思います。


感想

写真館のテーマに沿った意図した演出の形なのか、役者さん一人一人が非常にVivid、鮮やかな人物像を秘めて役を演じている。鮮明さの象徴なのか、全員の笑顔が忘れられない芝居。(女中、早坂役は笑わないけれど) 写真館のセットがよくできていて、ゆっくりと流れる、登場人物たちの生きる時間。そんな時間を共有するステージ。

この物語の雰囲気。なんだか「朝の連続テレビ小説」のにおい、がする。実役を演じる加賀美秀明が、今ちょうど朝ドラで主役をしている、長谷川博己に似ているから、の錯覚だろうか。登場人物の物語一つ一つが、朝ドラの毎日の15分枠のような、そんな描き方をしている印象を受けた。

写真館を営む兄弟、実と喜代子。実と恋仲にあるがお互いに上手く伝えられない、幼馴染でお金持ちのお嬢様、慶子。その女中、早坂。近くのラーメン屋の主人、一平と、死んで幽霊として彷徨っている妻、ハル。そして、昭和25年の物語を振り返る現代の夫婦、律子と拓真。

どの関係もドラマをはらんでいて、魅力的な人間像。特に、一平とハルの物語は、ちょっと映画「ゴースト/ニューヨークの幻」、古くは舞台「天国から北へ三キロ」っぽかったけれど、いいシーンだった。観終わった後観客には、暖かいモノが残る。観客は、彼ら彼女らに、舞台で出会う。その出会いの体験そのものが、観客に対して提示しているもの。

一方、気になってしまったのは、一人一人の葛藤の描き方が、少し観念的なこと。拓真の仕事は大変そうだが、彼自身の電話に対する説明で状況が示されてしまう。なぜ写真館をもう一度はじめたくなったのかも、律子の台詞のみで語られてしまう。実がどうして慶子に何も出来なかったのか。喜代子の恋はどうなったのか、など。いろいろな感情の伏線がはられているものの、観ている側の自然な理解として感情の動きを読み切れなかった・・・という感じが、物語を観た後に残る感情として、残念でした。


印象に残った役者さん


加賀美秀明は、今の朝ドラ「まんぷく」に出ている「萬平さん」役の長谷川博己そっくりだなーと思って観ていました。田舎の写真館にいそうな雰囲気、そのままでした。

板本未緒の笑顔。現代シーンでの彼女の笑顔は、夫婦にしてはちょっと不自然かな、と思う面もありました。ただ、おそらく、この作品の鮮やかな部分を、表現している上での満面の笑みなのかな、と思いました。

女中役、早坂を演じる、徳永笑美里。この役者の布陣ではズルいなーという位、笑いをかっさらっていました。慶子が早坂の写真ばかり撮っていて、実際に舞台に置かれていた写真も彼女っほくて、ちょっと笑ってしまった。髪、ちょっとだけはねているの好きです。

村山恵美、役どころもあってか、真っ白な服で可愛かった。もう少し大きな役で、どんな演技をするのかな、と想像を巡らせてしまいました。

いつでもどこでも観放題!演劇動画配信サービス「観劇三昧」

お芝居好きの方は、要登録サービスです。


舞台