NTLive「フォリーズ」Over50の俳優たちが人生の機微を歌い上げる

f:id:techpapa:20190112222304p:plain
どもっ\(´▽`*)。てっくぱぱです。
National Theatre Live (NTLive)の「フォリーズ」の舞台映像を観てきました。

公演データ

National Theater Live
原題:Follies
上演時間:2時間35分(休憩なし)  
収録時上演劇場:ナショナル・シアター オリヴィエ劇場
脚本:ジェームズ・ゴールドマン
音楽:スティーヴン・ソンドハイム
演出: ドミニク・クック
出演:イメルダ・スタウントン、トレイシー・ベネット、ジェイニー・ディー


観劇データ

日時 2019年1月11日 12時40分〜
価格 3000円 全席指定(事前にネット予約)
上演時間 155分(休憩なし)
場所 シネ・リーブル池袋

f:id:techpapa:20190112220147p:plain

客席の様子

映画館での上映ですので、あまり気にする必要はありませんが、女性一人が圧倒的に多かったです。


ストーリー

公式ホームページでは、以下の解説があります。

1971年にブロードウェイで初演され、トニー賞最優秀楽曲賞に輝いたスティーヴン・ソンドハイム作詞作曲のミュージカル。取り壊しになるレヴュー劇場に集った往年のスターたちの姿を、現実と回想を交錯させながら描く。ドミニク・クック演出のもと、イメルダ・スタウントンやジャニー・ディー、トレイシー・ベネット、フィリップ・クワストら豪華ベテラン勢が集結。

とあります。
ミュージカル「フォリーズ」は、探す限り日本での公演記録はないものの、1972年のトニー賞ノミネート作品。私も名前を聞いたことがあるだけで、観たことは当然ありませんでした。実在したレビューショーのプロデューサー、ジーグフェルド・フォリーズ(Ziegfeld Follies)が、1907年から1957年まで毎年続けて公演していたブロードウェイのレビューショーを下敷きにした物語です。

f:id:techpapa:20190112220258p:plain


シニア俳優のダンスに魅了される

ストーリーは、レビューショー「フォリーズ」の劇場が取り壊される際に、歴代のレビューショーの出演者達が集まって同窓会をする、というもの。かつての「フォリーズ・ガールズ」=レビュースターたちも、今はもうおばあちゃんに近い。自分が何年のレビューに出演していたのかを示すたすきをもらいながら、同窓会に現れる、かつての出演者たち。


冒頭の作者のインタビューでも語られるものの、明確なストーリーはなく、同窓会でそれぞれの人生を披露していくというスタイル。いい人生だったり、まあまあの人生だったり。もう老いにかなり足を突っ込んでいる出演者たちが、それぞれの人生を披露していく。最年長の1907年の出演者は、もう完全なよぼよぼのおばあちゃん。でも"One More Kiss"って歌を歌い上げる。
一つの物語の軸は、恋仲だったけれど、それぞれ別の道を歩んだ男女、Buddy 、Sally 、Benjamin 、Phyllis 。それぞれの夫婦を入れ替える決断をするけれど・・・結局踏み出せない4人。それぞれの人生での過ちを語り出すと、突然舞台は一変。まさにレビューショー風の舞台に早変わりして、4人の過ちを、1人ひとりコントのように歌いながら自嘲するように踊りまくる。

人生の厚みが、歌やダンスに確実に投影されていて、それだけで圧倒されてしまう。
軸になる4人の物語。過ちもあれば、浮気もする。でも、40-50歳まで連れ添ったら、そう言う相手の欠点も含めて受け入れていく。今41歳の私。思わず涙をせざるを得なかった。


カメラワーク絶妙

NTLの凄いところは、とにかくカメラワークが絶妙なところ。収録時にもお客さんが客席にいるので、おそらくカメラが横切ったりして見えなくてもいいように、安くチケットを売っているのかとは思うのですが。「フォリーズ」他の映像監督をつとめている方のインタビューがありました。こちらもなかなか興味深いです。


お芝居好きの方は、要登録サービスです。


舞台