MONO「はなにら」

【ネタバレ分離】

f:id:techpapa:20190306182643p:plain

f:id:techpapa:20190307002946j:plain

どもっ\(´▽`*)。てっくぱぱです。昨日観た芝居の感想です。


公演前情報

公演・観劇データ

MONO

「はなにら」

脚本・演出 土田英生

2019年

03/02 (土) ~ 03/10 (日) 吉祥寺シアター

03/16 (土) ~ 03/17 (日) 穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース

03/23 (土) ~ 03/27 (水) ロームシアター京都ノースホール

03/30 (土) ~ 03/31 (日) JMSアステールプラザ 多目的スタジオ

観劇した日時 201*年3月6日 19時00分〜
価格 4200円 全席指定(プレイガイドで発券)
上演時間 120分(途中休憩なし)
Corich満足度 ★★★★☆(4/5点満点)

客席の様子・観劇初心者の方へ

50歳upの女性の客層が多かったですが、他の年齢層も多くいました。

観劇初心者にとっては、非常に観劇しやすい舞台です。

style="display:block"

data-ad-client="ca-pub-1232309026044206"

data-ad-slot="4090779988"

data-ad-format="auto"

data-full-width-responsive="true">

MONO?

劇団の歴史や公演記録はあるのですが、劇団そのもののプロフィールはありませんでした。ホームページの右上に小さくこう書いてあります。

MONOは京都を拠点に活動する劇団です

という事です。私自身も、どこかで聞いたことのある劇団名。薄っすら知っている劇団です。結成30周年との事。

https://www.c-mono.com/

事前に分かるストーリーは?

ホームページにはこのように書かれています。

20年前の天変地異により、親や子供を失った人たち。

​​他人であったはずの彼らは寄り添うように家族になった。たくさんのお父さん。

顔もバラバラな娘たち。

​​拒絶、喧嘩、涙、そして笑顔を何百回も繰り返し、 ​​今、旅立ちの時は来たようだ。

ところでMONOは結成30周年。今回は疑似家族の物語です。

​​一緒にいるとはどういうことか? 別れとはいったいなんなのか?

という事で、家族の物語。twitterで好評が流れていたので、楽しみです。

style="display:block"

data-ad-client="ca-pub-1232309026044206"

data-ad-slot="4090779988"

data-ad-format="auto"

data-full-width-responsive="true">

ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

20年前の火山の噴火で、大事な人を無くした人々。残された人がたまたま一緒に住みだした、二つの「家族」。ズボンのすそを離さない生徒を養子にもらった先生と。身寄りを無くした子供たちを育てた、お父さんたち。時は20年経って、育った娘の婚約を期に、家族はゆっくりと「解散」を始める。それぞれの人生を選び出し始める、家族たち。静岡から少し離れた所にある沖合の島にゆっくりと流れる、家族の自立の物語。

ストーリーは、パンフレットの通りだが、補足としてまとめるとこんな感じだ。

家族から離れるって何だろう、自立って何だろう、結婚って何だろう。あえて、血のつながっていない家族たちと、その自立を描くことで、そもそも「家族って何だろう」っていう事を観ているものに考えさせてくれるお話。話題は深刻でも、お話の基本はコメディ。笑と共に島に流れる時間はどこかおおらかで、ゆっくりしていて。そんな雰囲気の中で、20年の時が満ちて熟した家族たちが、一人一人、行く末の事を考え出す。生きるために寄り添った20年前とは違い、老いるまで、このままの生活を続けていくわけにはいかない。そんな折、一人の家族が、かつて村を捨てて出て行った者と婚約することをきっかけに、少しずつ変わっていく・・・。

一人一人のキャラクターがしっかりしていて、ジワジワと暖かくなっていく。その感覚は非常に楽しめた。

気になってしまったのが、全体的に「達観した視点のムラ」みたいなものが混ざっている事。この「ムラ」に終始悩まされた。

「ムラ」の例を脚本でみてみると。

舞台の上で役柄として生きている人々が、突然、第三者視点で、俯瞰して自分を語り出してしまう事が、多数。「血のつながっていない家族でも、ここまでの関係と感情が芽生えるのに・・・家族って一体、何なんだろうなぁ~」って、いいシーンでこっちが考えているときに、「家族って何なんだろうって考えさせられちゃう」的なセリフが、追い打ちで出てきたり。あるいは、島が変わっていかざるを得ないのを見て感じている観客に、「島も変わっていくなぁ」とか言われたり。

ナチュラルで重厚な会話劇のはずなのに、その「ムラ」の部分だけ、突如、妙に、不自然な感じ。MONO作品の特徴なのか、本作だけなのか分からない。しかも、意図的にやっているように感じるが、それも確信がない。その「ムラ」に出合う度に「達観してねーで、もっと必死に生きろよ」って、舞台で生きる人に、突っ込みをいれてしまう自分がいた。

「ムラ」の例を役者さんで見ると。舞台上で「大切なことに気が付く」事を演じる事と、「大切なことに気がついてね」と説明することは違う・・・みたいなシーンが、何度か。後者で迫られると、突如、こちらがしらけてしまう自分がいて、急に体がモゾモゾして目のやり場に困ってしまったりした。達観した視点での演技をされてしまうと…それは違うよ、と。役を生きてよ、説明じゃなくて気が付く感情の変化を舞台で見せてほしいなぁ、と。

ここまて緻密に作られているものなので、途中からこの「ムラ」が意図的に挟まれているんじゃないか、と思うようになってきた。「自分が感じたことがすべて」とばかりに自信を持って観劇できる客であれば、解釈を観客にゆだねられることも出来るのかもしれないが、そういう客ばかりでもないのかもしれない。「どう解釈したらいいのかヒントが欲しい」という客にとっては、ある程度解釈の方向性が示されているので、この舞台はとても、分かり易かったかもしれない。

舞台を観慣れてくると、あるいは解釈の遊びを楽しめるようになると、MONOの舞台は不満を持ってきてしまう舞台なのではないか。今日もどこか手放しで「すげー面白かった」と言えない残尿感が私の中にあるのは、この「分かり易さ」のせいかもしれない。

役者さんで好きだったのは。金替康博が演じる寺田千鶴夫と、立川茜が演じる寺田歩羽。特に、中盤の2人のシーン。両親を亡くした子供と、その担任の先生が、養子縁組をしてはじまった、二人家族。成長した子供はと先生は、傍からみるとどこか「夫婦」のようにも見える。そんな視線も気にせずに、お互い慈しみ、尊重し、でもどこか他人との仲を嫉妬もする。このシーンを観ていれば、この二人がどんな20年を過ごしてきたか、目頭に思い浮かべることができる。説明なんて不要なこの二人の関係が好きだった。それと、水沼健が演じる、野々宮健也。素直にカッコいいなぁ、と。見とれてしまった。

style="display:block"

data-ad-client="ca-pub-1232309026044206"

data-ad-slot="4090779988"

data-ad-format="auto"

data-full-width-responsive="true">


観劇三昧でも観られます

MONOの作品は

ハテノウタ

空と私のあいだ

床下のほら吹き男

約三十の嘘

スマホ、パソコンで観ることができます!

初劇団を観に行くのは勇気が要りますが、観劇三昧で納得してから、劇場へ足をお運びください。

いつでもどこでも観放題!演劇動画配信サービス「観劇三昧」

お芝居好きの方は、要登録サービスです。

チラシ裏面

f:id:techpapa:20190306182712p:plain

舞台