<観劇レポート>演劇設計局コミュニケ「きえるもの、のこるもの、こわれるもの 」

#芝居, #演劇設計局コミュニケ

【ネタバレ分離】


観た芝居の感想です。

公演前情報

公演・観劇データ

団体名 演劇設計局コミュニケ
演劇設計局コミュニケ#2
きえるもの、のこるもの、こわれるもの
脚本 下記参照
演出 川口 典成(ドナルカ・パッカーン)
日時場所 2019/09/12(木)~2019/09/16(月)
RAFT(東京都)

劇団紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

演劇設計局コミュニケは
劇作家による演劇企画団体です。
「戯曲は舞台の設計図」をモットーに、
戯曲を起点として
キャスト・スタッフ・観客のみなさまと出会い、成長していく。

そんな団体をコミュニケは目指しています。

演劇設計局コミュニケ

事前に分かるストーリーは?

劇団ホームページには、こんな記載がありました。

廃校いったら、なにする?
演劇設計局コミュニケは劇作家が運営する演劇企画団体です。
今回は5人の劇作家が一緒に東京の廃墟・廃校を取材し1人15分の短編戯曲を執筆。
作家による視点のちがいが舞台でどうカタチになるのか。
ぜひ劇場に足を運んで確かめてみてください。

「灯り」関野 翔太(劇団カツコ)
今日思い出したあの夜は、明日もう一度生まれる。
ある夫婦の明日の前日譚。

「たまたまあはれ」菊池 祐児(劇団大学ノート)
「たまたま生まれて必然を遺す」
小学生がサイコロを転がす話です。

「さよならは夜明け前に」田中 寛人(演劇設計局コミュニケ)
黒板をめぐりすれ違う二組の男女。
生と死、過去と未来、交錯する二つの会話の物語。

「F」Kaivz(無伴奏Δ組曲)
任務を遂行せよ。ただし、「想像しない」でだ。
光と音だけを頼りに侵攻する兵士の世界。

上演禁止シリーズ②「人生の楽園」早川 貴久(MICOSHI COMPLEX)
ある事情で上演禁止になった作品を再構成して上演するシリーズの第2弾。

観劇のきっかけ

この日、中央線沿線で、15時前後に開演の芝居がないかなぁと探していて、見つけての観劇です。

ネタバレしない程度の情報

上演時間・チケット価格・満足度

観劇した日時 2019年9月13日
15時00分〜
価格 2500円 全席自由
(事前にネット予約)
上演時間 95分(途中休憩なし)
個人的な満足度
CoRichに投稿
★★★★☆
(4/5点満点)

客席の様子

男女比は5:5くらい。男性は若い層とアラフォーくらいの方が半々。女性は、平日マチネだからか、アラフィフupの人が多かったように思います。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも安心して観劇できる舞台です。

観た直後のtweet


ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

5話、完全に独立したオムニバスのストーリーだけれど、廃校をモチーフにしているのが共通点。ただ、事前に「廃校」の話は読んでいたにもかかわらず、観ているときは「廃校」の事は頭から忘れていたかな。

■「灯り」関野 翔太(劇団カツコ)
台詞がリアル。どんな夫婦でも、別れ話の夫婦喧嘩1つ位したことはあると思うけれど。ああ、このまま別れちゃうのかなぁ、というリアリティがあり。扇風機のモチーフが、私にはどうしても、昨年観た、らまのだ「青いプロぺラ」を思い起こさせてしまって、何だか途中から世界観が混ざってしまったりした。あの芝居には、ナショナルっていう言葉は出てきたかな、出てきたような気もする。

■「たまたまあはれ」菊池 祐児(劇団大学ノート)
なんで3人は、あんなに楽しそうなのか。卒業式の群唱の恒例「楽しかった、運動会!」をやっていたかと思えば、人生は進んでいき。気が付くと、人生そのものを表している流れに変わる。で、ぐてたま君?が、プリンターを持ってきて、紡がれる物語。紡がれるのか紡がれていないのか、分からないものを流しながら、人は生きていくよね、という感覚的な表現。
「人生」をメタファーにした感覚的な芝居(や、映画)を、何度か見たことがある。「奇麗」な表現を狙う事が多く、その「奇麗さ」があまりにもテンプレぎて退屈、というのに何度も遭遇したけれど。今回の作品は、ぐでたま君と、サイコロ、そして3人が妙に楽しそうだったから、心にストンと入ってきた。
そいえば、プリンターから印刷される文章、何枚も印刷しているの、全て同じページを印刷しているように見えたけれど、演出意図通りかな。違うページが出てきた方が、自分としてはシックリくる。人生のページは、一ページ一ページ、違うんだし。

■「さよならは夜明け前に」田中 寛人(演劇設計局コミュニケ)
苦手な「銀河鉄道の夜」の、特にサソリの下りをモチーフにした物語。幻想的ではあったけれど、イマイチ関係みたいなのが掴めないまま、終わってしまったかなぁ。

■「F」Kaivz(無伴奏Δ組曲)
何だか、攻殻機動隊の世界を思い出すのだけれど、途中途中入ってくる言葉が面白い。BIOSとか、GPUとか、小田急の発射音とか。不思議な世界。

■上演禁止シリーズ②「人生の楽園」早川 貴久(MICOSHI COMPLEX)
うちの息子(12歳)、大好きなテレビ番組は?と聞かれて「人生の楽園」と答えるトンデモボーイなのですが(笑)。その縁もあり、ブラックなパロディが面白く。全部拾い切れないほど散りばめられていたかも。どうして「上演禁止」なのかは、よく分からなかったけれど、理想的なものが理想的じゃないってのは、あるよね。あと、ものすごい丁寧な「嘘くささ」みたいなのも。出演者がみんな楽しそうなのが、楽しさを増し。

------

気になった役者さん。内海詩野、なんか楽しそうなのみてて、楽しくなってしまう感じが好き。小関悠佳、こちらも、楽しそうなのが好き。あ、今回の芝居の魅力は、「楽しそうな」だな。今気が付いた。小磯一斉、前半の芝居では、暗闇で声だけ聞こえるシーンが多かったからか、声に聞き惚れてしまい。「人生の楽園」では、やっぱ妙に楽しそう。

いつでもどこでも観放題!演劇動画配信サービス「観劇三昧」


お芝居好きの方は、要登録サービスです。

チラシの裏