<観劇レポート>2223project「共演者」

#芝居,#2223project,#劇団晴天

【ネタバレ分離】


観た芝居の感想です。

公演前情報

公演・観劇データ

団体名 2223project
2223project produce 劇団晴天
共演者
脚本 大石晟雄(劇団晴天)
演出 大石晟雄(劇団晴天)
日時場所 2020/01/09(木)~2020/01/15(水)
小劇場楽園(東京都)

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

2223PROJECT
古典作品・現代作品を問わず様々なジャンルの演劇作品上演の為、2017年旗揚げ。劇場公演の他、地域住民へ向けて、老人ホームでの詐欺啓蒙公演等も行っている。

ホーム | 2223project

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

高校の頃は演劇部に入っていて、同級生は私たち4人だけだった。
昔は朝ドラに出たかったけど、今は深夜ドラマの脚本を書いている。同期で旗揚げた劇団の公演はとても楽しいのに、たったひとりのストーカーのせいで大変な目にあった。仕事はある。結婚はやめた。全ての画面が気持ちに水を差してくる。普通と憂鬱の区別がつかなくなってくる。

楽屋は実は戦場だから、私は少しだけ落ち着く。
今夜、4人がまた集まる。
体は熱を帯びている。

「わたしは気づいたわ、っていうやつの顔が一番ブス」
劇団晴天、昨冬上演の短編を、大規模加筆修正で長編化!
女が生まれて生きるまで、一番強い気持ちの話。

[劇団晴天とは]
大石晟雄と鈴木彩乃の演劇ユニット。
気が付かないふりをしたい現実から目を逸らさず、辟易しない優しさを誠実に描く。無自覚な心の傷に沁みる、 明日もがんばろうと思える演劇。
シンプルな会話と本当の音がする物語で、センスでもアートでもシュールでもない、次世代のスタンダードを目指す。
2015年佐藤佐吉賞優秀脚本賞、2017佐藤佐吉賞主演女優賞(鈴木彩乃)を受賞
劇団晴天HP  HOME – 劇団晴天

観劇のきっかけ

チラシを見て興味を持ったのがきっかけです。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

観劇日時 2020年1月9日
20時00分〜
上演時間 90分(途中休憩なし)
価格 3500円 全席自由

チケット購入方法

劇団ホームページからのリンクで、チケットを予約しました。
その際、「クレジットカード決済」を選択しました。
予約完了後に表示されたURLにアクセスすると、事前クレジットカード決済が可能でした。
そこで、再度先ほどと同じ日付を指定して、チケットを購入しました。

客層・客席の様子

男女比は半々くらい。シニアな年齢層が若干目立った気がしましたが、いろいろな年齢層の方がいました。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・会話劇
・泣ける
・笑える
・人間ドラマ

観た直後のtweet

映像化の情報

情報はありません。

満足度

★★★★★
★★★★★

(5/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

ストーリーは。
高校時代、演劇部だった女4人が劇団を作って。少し売れだした頃から、3年後、6年後の、3つの時間軸で楽屋の様子を描いた物語。脚本家のまなみ、少し体の大きいコング、美人で他の劇団で少し売れだしていたショウ、役者一筋でショウを嫌っているやっちゃん、舞台監督助手?のねむこ。彼女たちの、恋と、演劇への想いと、嫉妬と、今への愛おしさとを「楽屋」という固定した視点で綴ったお話。・・・ストーリーを書くのが難しい。5人の女の人生と、劇団を続けて行く事で沸き起こる感情を、切り取ったお話。

描いているテーマ自体は、それ程目新しいものではなくて。きっとありふれたテーマなのだろうとは思う。近いからこそに感じる憎しみは感じつつも、それでも表現をする場所や、仲間が愛おしい感覚。一つ一つの会話が、とてもチクチクと痛い感覚もあるのに、その愛おしさが表現されていて。最初、この舞台裏の人間関係はどうなっているの?と把握するのにちょっと苦労はしたものの、歳を重ねる事で、キャリアを重ねる事で、憎悪や憎しみも出てくる。その微妙な感覚を、絶妙に切り取って見せてもらった感覚だった。

クライマックスは、ショウとやっちゃんが喧嘩したのちの、まなみ。演じ方というか、生き方が、とてもぎこちなくて。すぐ謝ってばっかりだし、話すことには指示語が多くて、彼氏との別れも中途半端で。一見、何を言いたいのか分からないことが多い、まなみという人。・・・正直なところ、芝居の前半は、観ていてイライラを感じることもあったけれど。あの、よく分からない指示語の中に、その時感じている感情とか、想いとか、そういうものが溢れ出ていて。

突然出てくる「想像を超えろ」なんて言葉。あまりにも唐突なセリフなのに、ああ、この4人がもう一度つながるためには、想像を超えて行かないと無理だよな、なんていう納得感もあり。細かく間違う言葉や、小ネタのギャグに、クスクスと笑いを誘われながらも、その感情の爆発と、切実さに、思わず涙を流さずにはいられなかった。ここまで見事な「悲劇なのに喜劇」っていうシーンは、久々にお目にかかった気がする。周りからも、クスクス笑のはざまにすすり泣く声が結構して。舞台で扱われているテーマが、劇団の舞台裏、という事もあり。あ~この客席の感覚、演劇だなぁ、何てことを思っていた自分がいた。

どの役者さんも、人物像の立体化が、とてもはっきりしていた気がする。近藤陽子、最初は話し方がハッキリしなくて、ちょっと観ていてイライラする部分があったのだけれど。クライマックスのシーンに向かってくると、それが、まなみなりの精一杯なんだ、というのが腹に落ちて。人物像が突然はっきり見えた。鈴木彩乃、何が本心なのか、自分でも実は分かっていないんじゃないか、という気もする人物像。何層も重ねたような感情が、時折透けて見えて、時折全く不明瞭になって。そんな少し不安定な様子が魅力的。白石花子、ちょっと性悪な感じ。でも、とことん悪くはなり切れず、憎めもしない。芝居のクオリティに縋りついているのが、ものすごく現実味があって、ちょっと怖いな、とも思った。佐藤沙紀、クライマックスで、やっちゃんを怒鳴りつけるのがとにかくインパクトが絶大。舞台の安定感を一挙に担っていて。コングって、この劇団、この4人の中でどんな位置づけなのかな、というのが物語にあまりなかったので、もう少し彼女の物語を見たいなぁ、と思った。男優さん3人のキャスティングが、絶妙。タイプの違う男性を、奇麗に集めた感じ。

いつでもどこでも観放題!演劇動画配信サービス「観劇三昧」


お芝居好きの方は、要登録サービスです。