fitbit inspire HRで2ヶ月。良い点/残念な点をalta HRと比べて書くよ!

#fitbit, #fitbit inspire HR

どもっ\(´▽`*)。てっくぱぱです。
今日はfitbit inspire HRについて書きますよ。

ありがとう fitbit alta HR

2019年11月頭。
2年間使っていたfitbit alta HRを卒業して、inspire HRに交換しました。

念のため。alta HRに、特に不満がある訳ではないのです。

単に、使い続けでちょっとボロくなってきたのと、
少し気分を換えたいな、という思いもあり。

新しいfitbitを買う事にしました。

2年間。片時も離さず、一緒にいたよね。
モロッコの砂漠にも一緒に行ったよね。
ロンドンのミュージカルも、一緒に観たよね。

ありがとう。alta HR。

こんにちは fitbit inspire HR

で、11月頭から使い出したのが、このinspire HR。

私が買った時は、17000円位だったかな。

「HR」がつかない、inspireは、こちら。
これだと心拍数は測ってくれないけど、9000円強。

この記事を書き始めた段階で、10週間くらい使っています。

今のfitbitのラインナップだと、最もコンパクトなタイプがこのinspireシリーズ。

altaシリーズは、既にラインナップから外れてしまっているので、
コンパクトなタイプのfitbitを新たに買う場合は、唯一の選択肢になってしまいました。

alta HRシリーズは、まだAmazonでは売ってますが、在庫がなくなったら、販売終わってしまうのかなぁ。

そして。そもそも。
私自身、腕に時計をするのが、何より嫌なのです。
コンパクトなタイプでないと、装着する気にはなれないんです。

個人的には、fitbitは3機種目。
alta HRとの相性がとてもよかったので、交換するのがとても不安だったのですが。

結果的には・・・「大満足」。
既に生活のお供として、欠かせないものになっています。

fitbit alta HRから、fitbit inspire HRに買い換えた時の
「良かった点」「残念な点」を書いてみますね。

★fitbit inspire HR良かった点

防水


fitbit inspire シリーズは、防水なのです!

alta HRとの最も大きな違いは、この「防水」。
私は、プールで泳ぐのも大好きなので(最近は泳げてないけれど)、
泳いだ距離の測定も、このfitbitがしてくれるのです。
(まだやった事ないけれど・・・今度プール行こう)

ただ、泳がない人にとって「防水」って必要なのかな、と感じると思うのですが

実は、防水の、最も大きな利点は。

「お風呂」にも持って行ける。
です。

お風呂に入る時、装着したまま「ザブーン」です。

バンドに付く汚れなんかも、お風呂で自然に奇麗になります。

目の悪い私は、お風呂で時計がみえないですが、手元に時計ありますしね。

何よりうれしいポイントです。

キッチンタイマーがついた

嬉しいポイント2つめは、
「キッチンタイマー(カウントダウン)がついた」ですかね。
「ストップウオッチ機能」と「キッチンタイマー機能」が、すぐに使えるんですよね。

左に付いたボタンを押して、
上に3つくらいスクロールすると「タイマー」が表れて。

それをタップすると、「カウントダウン」と「ストップウォッチ」が現れます。

で、「時間」と「分」を指定して、カウントダウン開始すると、
キッチンタイマーになりますね。

時間が来たら、時計全体の振動、バイブで知らせてくれます。

これ、いろんなシーンで使えるんですよね。

個人的によく利用するのが
「料理中のカウントダウン」と「乗り過ごし防止タイマー」かな。

「料理中のカウントダウン」
料理中には、麺のゆで時間とかタイマーで教えてくれます。
キッチンに立つときって、手元に携帯が無いときが多いので、
とっさのタイマー機能は、結構嬉しい

「乗り過ごし防止タイマー」
電車で座っていて、少しウトウトしてしまう時。
タイマーを到着時間にセットしておくと、知らせてくれる。

・・・それと、お風呂にゆっくりつかる時、
リラックスする時間を決めてタイマーセット。
長湯になり過ぎずに、のんびりできるのもいい感じです。

LINEの表示などの「通知」全般に対応(iOS)

これは、iOSとペアで使う場合なのですが。

iOSで「通知」として表示できるものは、inspire HRで表示できます。
これは、とても便利。

設定のポイントは、fitbitとペアリングしてから、一度でも通知が来たアプリだけが表示されるので、
例えばLINEを表示させたかったら、fitbit inspire HRをペアリングした後、
一度LINEで何かを送ってもらって、iOS上で通知される機会を作った後に、
設定がONに出来る点、ですね。(はじめは、表示されなくて焦った)

私の場合、どう使っているかというと。

嫁さんからのLINEは、iPhone上でも、待ち受け画面に表示されるようにしているのですが、
LINEがくると、fitbit inspire HR側に、文面も含めて表示されます。

まあ、液晶は小さいので、スクロールして表示したりしますが、
イチイチ携帯を見なくても、嫁さんからのLINEの文面が確認できるのは有難いです。

特に移動中で、携帯観る暇が無いときのメッセージは重宝します。

時計を見る動作の感度がいい

fitbit は、常に液晶が表示されているわけではなく。
時計を見る動作をすると、勝手に液晶が表示される仕様になってます。

で、alta HRへの不満の一つが、この表示の感度がイマイチだったこと。
いろんな人が書いてますね。
コツを覚えると、それ程困らず表示は出来るんですが、
表示のために、妙に大きく腕を振る、変な動作のクセがついてしまったり。

ですが。inspire HRは、感度いいです。
表示されない事が、殆ど無い。ごく自然な動作で、時計表示されます。

まあ「表示されて当たり前だ」と突っ込まれれば、そうなのかもしれないけれど。(笑)
alta HRの最大の不満だっただけに、解消されてとても嬉しいです。

アラームのバイブ、スヌーズが1回で止まる

これは地味に嬉しい。

アラーム。
設定した時刻に、時計全体をバイブさせて、お知らせしてくれる機能。

alta HRの場合、アラームの時刻がくると、ダブルタップしてアラームを止めないと、
9分おきに、延々と、延々と、スヌーズするんですよね。

目覚ましなどに使う人には、しっかり止めないと止まらないので、
寝過ごし防止で、非常にいいのかもしれませんが。

どちらかというと、生活リズムを通知してもらうのに使っている私は、
アラームを止める事はせずに、勝手に収まるのを待ちたかったんです。

これ、alta HRの、個人的な隠れた不満の一つだったのですが。

inspire HR。
アラーム時間にバイブしてお知らせしてくれて。
9分後に、一度だけスヌーズでお知らせしてくれて、
それ以降は、お知らせしてくれません。

実は、仕様自体は、初代として利用していたコンパクトサイズのfitbit flexと同じ。
仕様が戻った感じですね。

実はこれは、とても心地よい。

個人的にお気に入りのアラームは、
平日の9:45分に、アラームセットしているやつ。

10時開始の会議が多いのですが、9:45に、そろそろだよ、のお知らせしてくれて。
9分後の、9:54分にスヌーズするので、席を立って会議室に向かう、ってやつです。

alta HRの時は、10:03に、もう一度アラームが振動するので、止めないといけなかったけれど。
止める動作をしなくても、10:00~の会議にスムーズに臨めます。

ベルトが案外肌になじむ

inspire HRについて書いてある記事で見かけたのが
「ベルトがチャチい感じ」ってのがあって。

チャチい、のは、見た目の問題で。個人的にはそれ程、気にならなかったのですが、
ベルトの利用感が良くないと、すぐに別のを買わないといけないなぁ、という不安。

これが不安でしたが。

・・・実際に買う前に、売り場で手に取ってみましたが、かなり肌に馴染む感じです。
ソフトな感じで、とてもいい。お気に入りポイントの一つです。

ちょっと話が、それるんですが・・・

fitbit alta HRを2年前に買ったとき。
実はGARMINのこの機種と、最後まで悩んだんです。

このGARMINのやつ、とても装着感が心地よいんですよね。ヌルッと肌に馴染む感じ。

今回のinspire HRは、あの時のGARMINに近い、心地よい装着感です。

純正が心地よいので・・・
壊れた時、サードパーティのベルトで満足できるか、という不安はありますが。

完全にOFFに出来る(芝居の時に)

実は、alta HRは。
「fitbitの表示を完全にOFFにする」というのが、出来なかったんですよ。

私は、このブログでもたくさん書いている通り、お芝居大好き。
なので、芝居の中で、完全に照明がOFFになった「暗転」の時に、
fitbitが煌々と光るのは、ちょっとバツが悪いんですよね。

なので、観劇中は、fitbitを押さえて、常に光が漏れないようにしていました。
どうしても時間確認したくはなるので・・・外すことはせず。

ですが。
inspire HRは、完全OFFが可能です。

「左のボタンを長押し」→「画面をオン/オフ」をタップして「オフ」にすると、
手首をどんなに振っても、時刻表示はされません。
なので、観劇前には、携帯電話の電源を切るのと同じタイミングで、
「オフ」をしています。

ただし。
時計の表示面とは逆の面にある、脈拍を感知するLEDは、OFFにしても光ります。

これは、バンドをしっかり締めて、光が漏れないようにすれば大丈夫です。
普段、ちょっとユル目に装着している人は、こういう時にちょっと注意すれば大丈夫です。

★fitbit inspire HR残念な点

inspire HR。とても気に入っているのですが。当然、「あれ?」という残念な点もあります。

残念ポイント、書いてみますね。

alta HRに比べ幅が広い

コンパクトな時計、が欲しい私としては。

alta HRより、幅広になってしまっているのは、残念ポイント。
fitbitで選べる、今、最もコンパクトなのがこの機種、っていうのも、残念。

flexは物凄く小さくて、液晶すらなくてシンプルで好きだったし。
altaもとても小さくて軽かったのですが。

Apple Watchを意識している感もあって、どんどん大きくなっている。

これは純粋に残念ですね。

ただ、つけるのが嫌になるほどinspire HRはデカいか、というと、そこまでではなく。
何とか、このサイズなら、腕に付けていてもいいな、という範囲かな、と思います。

充電する暇がない

これは、嬉しい悲鳴、でもあるのですが。

今までのalta HR。
私は「入浴中に充電する」というサイクルにしていました。

こんな感じ。

・入浴前に、alta HRを外す。
・枕元に置いてある、充電ケーブルに接続して、充電。
・入浴後。リラックス時間は、装着せず
・寝る直前に、枕元にあるfitbitを装着して、就寝。

このサイクル。

充電しても、装着を忘れる事がないんですよね。
特に、寝る前に装着するのを忘れるのは、かなり残念なので、
このサイクルを確実に回すようにしていました。

ただ、inspire HR。
お風呂で装着しているのが心地よ過ぎて、このサイクルが取れません・・・。

これは、大きな誤算。
お風呂に連れていくのは、絶対にやめたくないので・・・。

考えた末。
「充電する時間」は、パソコンで集中して文章を打ったりする仕事をしている時。
fitbitを外してすることにしました。

パソコンで集中している時は、邪魔になるので、一度、腕から外すことが多いんです。
この時間を利用することにしました。

パソコンのUSBポートにつないで、充電するようにしています。
付属の充電コードは、20cm位しかないとても短いコードなので、丁度いいです。

追加で買うなら、これですかね。私の場合、長いケーブルは逆に邪魔になってしまいました。

表示レイアウト。いいやつがない

alta HRから比べて、幅が少し大きくなって、表示エリアも大きくなったinspire HR。
ただ、この表示のレイアウトの選択肢に、いいのがないんですよね・・・。

個人的には
・「時間」と「日付」がちゃんと大きく表示されている
・タップすると、歩数やカロリーや心拍数を表示してくれる

というパターンが嬉しいんですけれど。
「時間」と「日付」が、いい感じのバランスになっている選択肢がないんですよね・・・。

最初使っていた、デザイン「Simple State」。
タップするたびに、下の欄が「日付」「歩数」・・・と入れ替わっていきますが。

下の小さなエリアの表示設定が、一度タップして変更すると、その後時間が経っても、そのまま残ってしまう。
個人的には「時計を見たら、必ず日付と時間を表示!」が嬉しいのに、
ちょっとしたタイミングでタップを感知してしまうと「歩数」が表示されていたりして、
日付が見れずに、イライラすることがあったりします。

なので最近は、「Just Time」を使う事が多いです。
Just Timeの場合、日本語設定の場合「1月12日」のように出ます。

表示のレイアウトは、アプリ的な感じで、後から追加されていく仕様のようで。
いい感じの表示が、今後増えていくのかもしれませんが・・・。
なんか変な動物表示とかあるけれど、いい感じなのがない。

このレイアウト、もっと増えないかなぁ。

本体のメニュー操作がちょっと複雑

alta HRに比べて、「キッチンタイマー」「ストップウオッチ」など
いろいろな操作が出来るようになった反面。

表示させるためのメニュー操作が、ちょっと複雑になった部分があるかもしれません。
それ程「分かり難い」という訳ではないのですが、
カスタマイズの範囲が少ないので、自分が使うメニューを探しやすい場所に持って来たりが出来ず、
ちょっとイラッとすることがあります。

私とは違って、運動の記録に使っている人は、
確認するのが面倒な項目が増えたんじゃないのかなぁ、と思います。

横スライドフリックが気持ち悪い

メニューの分かりづらさにも関係するのですが。

横スライドフリックの動作が、操作には必要で。
小さな幅の中で横フリックを迫られるのでちょっと「気持ち悪い」です。

メニューを選択する時。
縦方向にスライドすることで、機能メニューを選んで、
そのメニューを選択する時は、タップかボタンを押す。

その後のメニューが、横フリックして選択するものがあるのですが・・・
感度は悪くないのですが、そもそも横幅が小さな時計なのに、
小さなエリアで「横フリック」が、ちょっと無理がある感じです。

タップの感度が悪い

液晶表示させる「時計を見る動作」の反応は良くなったのですが、
液晶画面を「タップ」する動作の感度は、ちょっと悪くなった感じです。

ただ、alt HRに比べて、時計の横に「ボタン」が1つ付きましたので
そのボタンで代用できるので、それ程気にならないといえば、気にならないのですが。

いざ、ボタンを押す動作をする時って、結構面倒です。
画面タップで済むなら、タップで済ませたいんですが、
反応が悪いかも・・・と思って、ついつい、ボタンに手が伸びてしまいます。

まあ、それ程沢山遭遇するわけではないのですが・・・。
運動と共に使ってる人は、ちょっと気になる点かもしれません。

とはいえ総合的には、とっても大満足です

「残念な点」もいろいろと書いてみましたが。

全般的には、「買ってよかった、大満足!」です。
お風呂も含めて、いつでも一緒なのはとても嬉しいし。

キッチンタイマーなんかもよく使うようになりました。

気に入らなかったら、alta HRに戻ることも視野に入れて、買ったのですが、
もう後戻りは全く考えていません。

ありがとう。alta HR。こんにちは。inspire HR。
今後は、inspire HRが、日々のお供です。