<観劇レポート>排気口短篇公演「いそいでおさえる嘔気じゃない」

#芝居,#排気口

【日時】2020年8月7日(金)~10日(月)
【場所】阿佐ヶ谷アートスペースプロット

【ネタバレ分離】

観た芝居の感想です。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名排気口
排気口短篇公演
いそいでおさえる嘔気じゃない
脚本菊池穂波
演出菊池穂波
日時場所阿佐ヶ谷アートスペースプロット
2020年8月7日(金)~10日(月)

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

東京を中心に公演を行う演劇団体。

排気口

事前に分かるストーリーは?

簡単に読み切れるような、ストーリー記載は見つけられませんでした。

観劇のきっかけ

こちらの対談で、話題にあがったからです。
カンゲキ座談会 第一回

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2020年8月9日
16時00分〜
上演時間115分
(短編3話。各話間に3分の換気休憩)
価格3000円 全席自由

チケット購入方法

twitterサイトからのリンクで、事前にWebで予約しました。
当日、受付でお金を払いました。

客層・客席の様子

男女比は半々くらい。特定の客層は、見分けられませんでした。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・コメディ
・シリアス
・会話劇
・考えさせる

観た直後のtweet

映像化の情報

情報はありません。

満足度

★★★★★
★★★★★

(4/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

3話短編集。それぞれの強引なストーリーは。

  1. 「明るい私たちのりびんぐでっど」
    どうやら、世界の人々がゾンビ化している、"Living dead"の世界になっている模様。噛まれてもすぐにはゾンビ化せず、徐々にしていくらしい。そんな中、かつてつき合いかけた、あきらとかおりと、友達のポポちゃんが、花火大会を見に来た。ゾンビ化で、開催されるかもわからないけれど。友達は、ゾンビになって自分の鼻くそを食ってる。あきらが好きな女は、あきらに噛みついてきた。そんな中で、ゾンビになって変わるもの、変わらないもの。ゾンビになるとはどういうことか、という事の物語。

  2. 「サッド・ヴァケイションはなぜ死んだのか」
    国境に隣接した?町の風俗嬢の待合室。うさ子は店長に、文句を垂れている。同僚風俗嬢のしのは、上客をしっかり惹きつけて金ずるにしているぞ、とたしなめる店長。そこにしのが表れて、今日で風俗店を辞める、という。貢いでいたホストクラブのサブジと、神に選ばれて布教に出るという。どうやら、サブシは借金が払えず、しのをだまして保証人にして、国外に売りとばすつもりらしい。そこに、しのの上客のタカシが表れて、しのを止めようとするが。・・・そんな、金貸しと風俗が、1件ずつしかないような、国境のケチで小さな街の物語。

  3. 「右往私達左往」
    あきらとくみこは、死んでしまった幽霊。大学時代の友達のかおりの家に、お盆だというので遊びに来た。そこには、ハカセという幽霊がいて。かおりは、普通の派遣社員になっていて。よく分からない、ヤスというサラリーマン風の幽霊も合流し、それぞれの事情、それぞれの身の上が明かされていく物語。


短編集という事で、普段の長編とは異なるのかもしれない、という事があたまをよぎりつつ。3本全体を貫いた感想を書いてみる。

3作とも、とにかく言葉が鋭い。汚い言葉や性的な言葉も躊躇なく織り交ぜつつ、その言葉で、丁寧に物語を編み込んでいく印象。リフレインする言葉が、言葉の持つ印象を強めている。初めて見る劇団だったので、最初はその言葉の繊細さに注目できていなかったが、観ていくうちに、一つ一つの言葉が物語の中でその後どう展開していくのか、という事を思って観ている事に気付く。

鋭くて巧みな表現。決して聞いていて心地よい台詞ばかりではないけれど、鋭さに耳と目を奪われてしまう感覚。こういう感覚、なんか今まで観た事が無いかもな、という風に思う。半面、言葉に裏やメタファーがあって、受け取った言葉を、そのままの言葉通りに受け取っていいのか、という悩みもうまれてくる。

各話の休憩時間、冷静に思いを馳せてみると、お話自体は、それ程、目新しいテーマを描いている訳ではない。1話目「明るい私たちのりびんぐでっど」は、正にAMCのドラマ「リビング・デッド」が描こうとしていた命題をなぞっていた感覚があるし、2話目 「サッド・ヴァケイションはなぜ死んだのか」は、私が知っている範囲の卑近な例だと、「闇金ウシジマくん」っぽい設定のようにも思える。3話目 「右往私達左往」は、それこそ、古今東西、幽霊が下りてきて死にそうな人間を諭すという話はたくさんある。言葉の鋭さが特徴的なものの、テーマの目新しさはそれ程感じていないんだな、という事に、冷静になると気が付く。

笑いの要素も多々ある。コロナの影響で客数が少なかったこともあるのか、客が笑っているケースはそれほど多くなかったものの、鋭い会話の中で、細かい笑いを、チョイチョイ外さずに取っていく。どこか、演劇に近いコントの様相も呈している。活動後半の、ラジカル・ガジベリビンバ・システムのような感覚もあるし、その後のシティボーイズの初期の、思わず苦笑してしまって笑えない、シュールなコントのようでもある。

そんなコントのような芝居なのに、結果として投げかけられるものが、人間の生きる重さだったり、軽さだったり。その生きる重量そのものを、客に容赦なく投げつけてくる。観終わった後、3,4枚の軽いパンフレットしかもらっていないのに、どうも漬物石をお土産にもらったような、そんな鈍い重さがあった。

役者が、その言葉を紡いでいる感覚がとても心地よい。汚い言葉も含めて、セリフを飲み込み切っているように感じた。

帰路に尽きながら、得体のしれない重さを感じつつも、何が残ったのかと問われると、やはり物語である以上、私の場合はテーマが大事。前に書いた、既存の物語との類似点みたいなものが、どうしても、何度も、何度も、思い出されてしまう。短編集で今回だけが特別なのか、この劇団の作風なのか、この作品だけでは分からない。独自の価値観が物語の中で提示されたら、どうなるのか。その時の公演を観てみたいと思うようになった。

他の感想なり劇評が、どのような事を書いているのか、とても気になってしまった。普段、私はあまりそういう事は感じないのだけれど、この作品は、解説というか解釈を、他人が書いた文章で読んでみたい、という思いに駆られる。逆に言うと、私にとっては、比較的解釈のし様が狭かった、という事かもしれない。この記事を書いた段階ではまだ探せていないのだけれども、劇団の作品について書かれた文書を、読んでみたい。


気になった役者さん。佐藤あきら、三作共に出演。七変化ぶりが面白い。小野カズマ、こちらも三作出ていて、全く違う役を演じ分けていて、目が離せない感覚。東雲しの、2話ラスト、3人でザーメン共和国に行く、という話をしている時の立ち姿が忘れられず。中村ボリ、3作の中では割と普通な役柄かもしれないけれど、派遣で妊娠していて絶望しているっていうのが、終盤の種明かしを待たず、説明されなくてもどことなく伝わっていたのが印象的だった。


【舞台】カテゴリーの最近の投稿

いつでもどこでも観放題!演劇動画配信サービス「観劇三昧」


お芝居好きの方は、要登録サービスです。
  • 2020年08月08日 劇団四季 「マンマ・ミーア!」
  • 2019年08月02日 浅利演出事務所/劇団四季「ミュージカル 李香蘭」
  • 2019年06月16日 劇団四季「パリのアメリカ人」
  • 舞台#芝居,#排気口