fitbit使ってみたら「睡眠測定」と「サイレントアラーム」がいい感じだったので、その時の経験と感想を書くよ(更新あり)

愛用しているfitbitについて書いてみました。

f:id:techpapa:20181104023802p:plain:w500

※2018年11月20日に情報を更新しました!

※2018年11月24日にこんな記事も書きましたので参考に!

どもっ\(´▽`*)。てっくぱぱです。

突然ですが、活量測定計。ご存知ですか?
最近は、家電量販店で専用の売り場ができるほど、流行っているようです。

その中でも、スタイリッシュなデザインと、使いやすさで、世界中にファンがいる、fitbit(ふいっと・びっと)。

ちょうど嫁さんと、横浜市がほぼ無料で万歩計を配ってるって話をしていたところ。
よこはまウォーキングポイント

体重の気になる、私、てっくパパ。万歩計でも着けてみよっかな~、と思っていたので、一念発起。fitbitを装着して生活することにしました。


fitbit alter HR

てっくぱぱが、今使っているfitbitは、この AltaHR。

AltaHRは、基本的な万歩計と睡眠測定機能に、心拍測定と睡眠の深さの測定機能がついているのが特徴ですね。

f:id:techpapa:20181120171819p:plain:w600

他にもfitbitは、たくさん種類があります。

f:id:techpapa:20181120170025p:plain

f:id:techpapa:20181120165948p:plain

子ども用、なんていうのもありますね。最近発売されました。

それぞれのfitbitの機能比較は、こちらのページで。

https://www.fitbit.com/jp/compare


アプリにある「睡眠」の項目にびっくり

fitbitは、スマホに専用のアプリを入れて、直接情報を同期する事ができます。

アプリを入れてまず驚いたのは、睡眠の測定が表示できること。

fitbitは、寝るときも装着していれば、睡眠を測ってくれるということ。
これは驚き。

これまで、iPhoneのアプリでいろいろ試みてみたけれど、
イマイチな記録しかとれずに断念した経験が何度もある私。
fitbit、どこまで正確に測ってくれるのか興味が出てきました。

いざ測定。

一晩装着してみると、寝た時間、トイレに行った時間、起きた時間、バッチリ正確に測れてる。睡眠の深さ、レム睡眠やノンレム睡眠といったところまで測定してくれます。

さらに、測定した、睡眠の質の割合を、一般的な大人のベンチマークと比較したり、30日平均と比較さらに、したりすることが出来ます。

AltaHRは、とても薄くて、軽い。fitbitなら、寝ている時に着けても、それほど苦にならない。寝ている時に腕で目をこすっても危なくない。

毎日の睡眠の記録が、勝手に蓄積されていく。

fitbitのアプリは、シンプルで操作も簡単。
fitbitに、グググッとココロを奪われた瞬間でした。


シンプルだけど機能的な万歩計

fitbit AlterHRは、有機LEDの液晶画面がついているだけのシンプルな仕様。

f:id:techpapa:20181104023802p:plain:w300

トントン、とダブルタップすると、このLEDが光ります。
一度LEDを光らせると、あとはトン、と一回タップすると表示内容が変わっていきます。

タップするたびに表示される内容は、時間や歩数、心拍数など。アプリであらかじめ設定できます。

時計の表示方向なんかも、設定できますね。

もちろん、スマホと同期させれば、すぐに詳しい歩数が確認できます。
同期させながら歩くと、リアルタイムで歩数が上がるので面白い。


サイレントアラーム(バイブ)機能。生活リズム作りに便利!

使い出して、こりゃ便利だ〜と感じたのが、サイレントアラーム(バイブ)機能。

あらかじめ設定した時間になると、fitbitがブルブル震えて、教えてくれます。

私は、こんな風にアラーム設定して、生活リズムを作るのに使っていました。

6:00 起床(平日のみ)
7:00 ご飯食べ終わる(平日のみ)
7:25 家を出る10分前平日のみ)/起床(休日)
9:46 会議の時間(大抵の午前中の会議が10時からなので。スヌーズも考慮すると9:55にもう一度お知らせしてくれる。)
12:00 ごはん!
15:00 休憩かおやつ
18:00 帰るよ。まだ仕事しているの?
23:30 寝ないと明日、眠くて困るよ。

設定画面はこんな感じ。

f:id:techpapa:20171204112653p:plain:w300

生活の要所要所で、時間を教えてくれます。
曜日の指定もできますので、平日・土日などの区別も可能です。

実は私、時計をするのが嫌い。
携帯が普及してからは、殆ど腕時計を携帯することはありませんでした。

ですが、機能があると、時間を表示してくれなくても、ブルフルで時間を教えてくれる。
色々な習慣づけをするのにちょうどよく、腕に何かをはめて歩くのもいいな、と考えを変えました。

アラームは8つまで設定可能。
スヌース機能があり、AlterHRの場合は、 9分後にスヌーズしてくれます。
アラームを止めるには、トントン、とfitbitをダブルタップするだけ。

生活のリズムを作るには、非常に便利なのです。


fitbitばんざい!

その後、fitbit を上位の機種にアップグレードしても、この便利さは変わりません。
今や、睡眠測定とサイレンとアラームは、生活に欠かせない機能になっています。

皆さんも、fitbitをつけて、健康的な生活をウオッチしていきましょう!

※2018年11月24日にこんな記事も書きましたので参考に!

ライフハック