<観劇レポート>アンティークス「あの日見た星空はきれいだった」

【ネタバレ分離】
f:id:techpapa:20190520171320p:plain
f:id:techpapa:20190522190914j:plain
どもっ\(´▽`*)。てっくぱぱです。観た芝居の感想です。

公演前情報

公演・観劇データ

団体名 アンティークス
Vintage26
あの日見た星空はきれいだった
脚本 岡崎貴宏
演出 岡崎貴宏
日時場所 2019/05/22 (水) ~ 2019/05/26 (日)--シアター711

アンティークス?

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

主宰 岡﨑貴宏が、2004年8月に旗揚げした劇団である。
既成の価値観にとらわれない、時流に流されない、地に足をつけた芝居創りを心がけています。
毎回、ワークショップで出演者を募り、手作り感ある演劇を創作しています。

アンティークスは、毎回ひとつの物(あるいは存在)をキーワードにストーリーが進行していきます。基本は、現代劇です。出演者の人間性を生かし、関係性や空気感や状態を丁寧につくっていきます。面白さを探求すると共に心と心の、波動に響かせる物語を創作します。
日常と非日常の2面性を持たせながら、どこかノスタルジーを感じさせます。しゃべり言葉のお芝居です。

本来もっていたはずの日本人の思いやりや優しさ、素朴さを織り交ぜながら、混沌とした現代の世の中にわずかな希望を見出だせる、そんなお話を近年描いてます

アンティークスOfficialSite

事前に分かるストーリーは?

劇団ホームページには、こんな記載がありました。

兄と妹の「旅」の物語。

終着駅で二人が見たものは・・・

アンティークスが壮大なスケールで贈るヒューマンファンタジー

ネタバレしない程度の情報

上演時間・チケット価格・満足度

観劇した日時 2019年5月22日 19時30分〜
価格 3500円 全席自由(事前にネット予約)
上演時間 105分(途中休憩なし)
個人的な満足度
CoRichに投稿
★★★☆☆(3/5点満点)

客席の様子

一人客が多かった気がします。男性はシニアが多く、女性は若い人が多かったかな。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観劇できる舞台です。

観劇直後のtweet




ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

前説で、主宰の岡崎貴宏から「アンティークスは15周年。これまでの舞台がたくさん詰まった内容。」との説明あり。私が観たのは前作「この星に生まれて」と、観劇三昧で「あしおと」のみ。アンティークスまだまだ初心者の私は、大丈夫かな、と一抹の不安を感じつつも、観劇。

物語は、列車の中。「世界で一番綺麗な星が見える島」にたどり着くための列車に、気が付くと乗り合わせている人々。どこかフワフワとした空間にいて、駅へ止まるたびに停車時間が長くて、まるで「銀河鉄道999」のよう。徐々に明らかになる、この列車の正体。そこに乗っている人たちは、今まさに、命絶えようとしている人々と、それを受け入れられない人々。「母と子」「夫と妻」「兄妹」「女子高生の友達二人組」などなど・・・。終着駅で、人々は、それぞれに別れを告げる・・・と、強引にまとめるとこんなお話。

ひょっとすると、これらの組は、それぞれ過去のアンティークスの作品に相通じているのかもしれない。主役の「兄妹」は、正に前回作「この星に生まれて」の設定だ。「女子高生二人」は、設定は違うも、どこか「あしおと」に通じるものがある。岡崎貴宏が、一貫して、「どうしようもない別れ」と、「その別れの原因のどうしようもなさに対する救済」を描いているのは、とても、とても、よく分かるのだが。どうにも、組になる設定の人物が多くて。どの組を集中して観ればよいのか分からなくなってしまって、結局集中を欠いたまま終劇してしまった。15年、アンティークスを観続けているファンであれば、ひょっとしたら「走馬灯のような銀河鉄道999」的な、別の楽しみ方が出来たのかもしれない。しかし私がその波に乗るには、アンティークス歴が足りなかったように思えた。

母子の別れのシーンが、いくつかあったが、ラストに、そのシーンが続く度に、前回作の短編「15分間の奇跡」を脳裏に反芻して、思い起こしてしまった。

気になった役者さん。安部智美、目立つ役ではなかったけれど(女子高生姿は目立っているけれど)、一つ一つの演技が繊細に見えて、途中から、目が離せなくなってしまった。思い詰めた、憂いの表情が引き立つ役者さんなのかもしれない。崖のシーンは、崖がしっかり見えて。ただ、まさか落ちるとは思っていなかったけれど。

いつでもどこでも観放題!演劇動画配信サービス「観劇三昧」




お芝居好きの方は、要登録サービスです。

チラシの裏
f:id:techpapa:20190520171343p:plain

舞台