<観劇レポート>あやめ十八番 「江戸系 宵蛍」

#芝居,#あやめ十八番

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 あやめ十八番「江戸系 宵蛍」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名あやめ十八番
第十二回公演
江戸系 宵蛍
脚本堀越涼
演出堀越涼
日時場所2020/11/12(木)~2020/11/16(月)
吉祥寺シアター(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

花組芝居・俳優、堀越涼が作・演出を務める劇団。

2012年に花組芝居の俳優・堀越涼が旗揚げした演劇ユニット。

歌舞伎、能、浄瑠璃など、様々な日本の古典芸能を基礎とし、古典のエッセンスを盗み現代劇の中に昇華することと、現代人の感覚で古典演劇を再構築することの、両面から創作活動を行っている。

全ての作品で、日本人特有の感覚や美意識を作品作りのテーマとしている。
また、歌舞伎の下座音楽や落語の囃子に影響を受け、劇中音楽が全て生演奏であることも特徴の一つ。

あやめ十八番

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

令和2年。56年ぶりに開催された東京オリンピックに日本中が熱狂していた。
国内最大の国際拠点である第二東京国際空港もまた、例年以上の賑わいをみせている。
そんな中、華やかなアスリートたちの活躍の影で、ひっそりと海外メディアの注目を集めた家族が居た。

『千年(ちとせ)』の表札がかかったその家は、第二東京国際空港・滑走路の延長線上にある。
この一軒の家の為に、第二東京国際空港は未完成のままでの運用を余儀なくされていた。

千年は、ありふれた家だった。
かつてこの家に燈っていた闘争の火は、今ではもう見る影もない。
消え入りそうな小さな火種が、燻ったまま、あるだけだ。

空港の中の一軒家と、そこに纏わる人々のお話。

観劇のきっかけ

タイトルと、ストーリーとチラシが気になりました。
気になる役者さんが出演しているので観劇を決めました。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2020年11月13日
14時00分〜
上演時間150分(途中休憩10分を含む)
価格4300円 全席指定

チケット購入方法

劇団ホームページからのリンクで予約しました。
ジャパンネットバンクの口座番号が送られてくるので、そこに振り込みました。
公演直前だったので、チケットは郵送されず、確認メールが送られてきました。
当日受付で名前を言って、チケットをもらいました。

客層・客席の様子

男女比は6:4くらい。様々な年齢層の方がいました。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・シリアス
・会話劇
・歴史
・考えさせる

観た直後のtweet

映像化の情報

DVD予約のチラシが入っていました。

満足度

★★★★★
★★★★★

(4/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

ストーリーは、事前の紹介の通り。
一幕が、ジャーナリストや市の広報紙の取材を通して、三里塚闘争(成田闘争)を、多くの人が忘れてしまったけれど、今もまだそこにある問題を描く。二幕、1966年からの闘争の歴史を描く物語。

一幕、成田闘争とその周辺の事柄を、説明するような部分が多くて、ちょっとじれったく感じるも。二幕、1966年の世界にタイムスリップすると途端に引き込まれた。

叙事詩的な描き方、という表現が合っているだろうか。三里塚闘争をモデルにした空港建設反対運動を、淡々とではあるけれど、時系列的に描く物語。また、マラソンランナー出雲幸太郎(円谷幸吉をモデルにしていると思う)と、オリンピック開催をからめて描く。冒頭、「成田」の話だという事は語られるけれども、固有名詞等々は、微妙に改変されている。

物語がどの程度事実なのかは、今、この感想を書いている段階では、正確には掴み切れていない。この時の大臣は、女性ではなかったように思うし、少し調べた限りは、円谷幸吉は三里塚闘争には参加していない。また、政治的な解釈の部分が入ると、見方は変わってくるようにも思う。その意味では、三里塚闘争を正確に描く、という事を目的としたものではない。この事件に、何か解釈を与えている物語ではなく、そういう出来事がありました。そういう事に命を懸けた人がいました、という事を描いた作品のように感じた。

子供の頃はそれなりに見かける事があった、成田の話。いつのまにか、聞かなくなったなぁ、という感覚で、私の中にも、「成田」というのは単に空港の意味しか持たない言葉に、いつしか成り下がっていたけれど。物語として、何か感じ入るというよりも、そういった「生きた」人がいた、という事をとても鮮烈に思い出させてくれる作品だった。

空間の使い方が抜群に上手い。吉祥寺シアターはタッパ(天井の高さ)が高い小屋だけれど、バルコニー部分も使い。特に二場、つぎつぎと入れ替わるシーンが、とてもテンポが良くて見やすい。舞台空間の印象と共に、「成田」の事を再度思い出す。そんな作品だった。


【舞台】カテゴリーの最近の投稿

いつでもどこでも観放題!演劇動画配信サービス「観劇三昧」


お芝居好きの方は、要登録サービスです。