まだ間に合う公演レポ(28日5時)
●8/15(日)まで Aga-risk Entertainment「かげきはたちのいるところ」
●11/30(火)まで 楽市楽座「うたうように」

<観劇レポート>北口改札「みてみぬふり」

#芝居,#北口改札

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、北口改札 「みてみぬふり」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名北口改札
第1回公演
みてみぬふり
脚本坪井俊樹(劇団スクランブル)
演出坪井俊樹(劇団スクランブル)
日時場所2020/12/04(金)~2020/12/06(日)
スタジオ空洞(東京都)

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

役者:市原一平と音響:鷹取こうへいがだいたい10年くらい前に立ち上げた劇団。鈴果・西田好美を劇団員に迎え、固定概念に囚われず色々な事をやっていきます。
北口改札

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

変わったり変わらなかったり、変わったとしてもそれほど変わらなかったり、変えたと思っても変わってなかったり。突然色々な事が変わったり…。
今の世の中、どんな状況でどんな事をすればいいのか分かりません。
そこに男女のあれやこれやが入ってくると、それはもうほんとにワケガワカリマセン。
「なんでこうなるの?」
「誰もわるくない」

観劇のきっかけ

Twitterで流れてきて、タイトルと劇団名が気になったから、の観劇です。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2020年12月4日
19時30分〜
上演時間75分(途中休憩なし)
価格2500円 全席自由

チケット購入方法

劇団ホームページから、予約しました。
当日名前を告げて、現金でお金を支払いました。

客層・客席の様子

男女比は6:4くらい。20-30代位の若い年齢層が多かったように思います。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・コメディ
・恋愛
・会話劇

観た直後のtweet

映像化の情報

情報はありません。

満足度

★★★★★
★★★★★

(4/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

1人の男を2人の女が取りあうラブコメ。スマホを使ったコミュニケーションを描きながら、最後に修羅場を展開させる。シンプルな構成、独特のまったりしたテンポがある作品。

男が一人の女を口説き同棲するが、後半でもう一人の女に乗り換える。描き方は面白いも、2度同じような展開がなされるので、ちょっと退屈感があり。このまま、なんとなくなし崩しに終わってしまう芝居なのかな、と、ぼんやりと思っていたら。

ラストに向けての女同士の修羅場の展開。それを受け取る男の、スッとぼけ方、が面白い。思わずクククと笑ってしまう感覚。男が「両手に華でいいじゃないか」と終わる。いやいや全然良くないだろとツッコミつつ(笑)、終演。最後の10分間でしこたま笑ってしまったので、前半のちょっと退屈だった展開は、このための前振りだったのかな、と思い直す。妙に体が軽くなって、帰路についた。

物語の深さと言う意味では、ショートストーリー的、と捉えたほうが妥当かもしれない。前振りの部分の退屈感がもう少しコンパクトにまとまって、冒頭から笑いを前面に出すようにしていけば、もっと素直に観やすかったかな、などと思った。

ふと、学生時代、こんな3人の仲裁をしたことを思い出す。まあ、登場人物それぞれには、1人ないし2人の相手がいるのに(その数でもめる訳だけれど)、仲裁している私は、相手いねーよ、と思ったほろ苦い思い出がよみがえった。

第一回公演?旗揚げ公演?の2ステ目、公演的には鬼門なところを拝見できて幸い。

舞台#芝居,#北口改札