まだ間に合う公演レポ(7日10時)
●12/7(水)まで MCR「無情」

<観劇レポート>2223project「劇団晴天の「曇天短編集vol.3」“雨が止むのは知ってます”」

#芝居,#劇団晴天

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 2223project「劇団晴天の「曇天短編集vol.3」“雨が止むのは知ってます”」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名2223project
2223project produce 劇団晴天第12回本公演
劇団晴天の「曇天短編集vol.3」“雨が止むのは知ってます”
脚本大石晟雄
演出大石晟雄
日時場所2021/11/25(木)~2021/12/05(日)
上野ストアハウス(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

気が付かないふりをしたい現実から目を逸らさず、辟易しない優しさを誠実に描く。
無自覚な心の傷に沁みる、 明日もがんばろうと思える演劇。
シンプルな会話と本当の音がする物語で、センスでもアートでもシュールでもない、
次世代のスタンダードを目指す。
2015年佐藤佐吉賞優秀脚本賞、2017佐藤佐吉賞主演女優賞(鈴木彩乃)を受賞

劇団晴天

過去の観劇

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

劇団晴天の『曇天短編集』vol.3
止まない雨がないことも、
6秒待ったら忘れることも、優しい嘘があることも、
自分らしく生きた方がいいことも、
知っているので、せめて少しでも、憂さが晴れる短編集。

1/『雨が止むのは知ってます』
荒木広輔・白石花子
■母を殺すと決めてから、裏腹に夫婦の会話は増えていた。
セックスレスはもう4年。大きく息を吸い込んで、はじめて戦う深夜2時。

2/『たいふうとおまつり』(リライト)
黒田愛香・近藤陽子・佐藤沙紀・角田悠
■台風の夜にいなくなった姉が一年ぶりに帰ってきた。一晩では足りないし、一瞬でも構わない。
懐かしい音楽みたいなお話×エモファンタジックバトルオブラップ

3/『浮気はしたい』
榎本ゆう・鈴木彩乃 ・竹林佑介
■「わかるよ。人間だった相手がだんだん毛布みたいになって、毛布みたいだったのがタオルみたいになって、」
しばらく家を空けた夫の亮介に会いに行ったすみ子は、骨壷になった浮気相手を紹介される。

幕間/『推しのいる星』
榎本ゆう
■Q・推しの晴れ舞台と彼氏の誕生日が被りました。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2021年11月29日
18時00分〜
上演時間95分(途中休憩なし)
価格3500円 全席自由 事前クレジットカード清算

チケット購入方法

CoRichで「事前清算」を選択して予約しました。
送られてきたメールの指示に従い、PassMarketでカード決済をしました。

客層・客席の様子

男女比は6:4くらいで少し男性多め。
40代upの年代が多いように感じました。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・会話劇
・シリアス
・泣ける
・シンプル

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(5/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

静かで淡々としているけれど、でも、叫ぶようにお互いの感情をぶつけ合う。その感情のぶつけ合いが、意外なところを突いてくることが多くて、心の隙間に染み入ってくる。そんな劇団で、大好きで続けて観ている。

3編の短編と、その3編を貫く幕間の短編。2本目『たいふうとおまつり』が、これまで観た劇団晴天に近い作品。1本目、3本目は、(私の観たこれまでの作品からは)ちょっと異色な空間。いずれも、劇場が静まり返って、近くを通る電車の音が聞こえてくるくらい、会話のやり取りに引き込まれた。

1/『雨が止むのは知ってます』

どちらかと言うと女性側の視点で描く、介護の辛さ。病気の母を殺すと決めたものの、直前でビビる男。男には分からない。いや、どこか勘違いして理解しているのかもしれない。「どこで間違ったんだろう」という台詞の通り、それまでの2人の夫婦生活が、30分の会話から有り有と想像出来る。ラスト、ん?仲直りしたのか?と思ったら、離婚届に納得。殺す直前、っていう不思議な時間だった。

2/『たいふうとおまつり』

「死んだxxさんが天国で悲しんでるよ・怒ってよ」っていう言葉を何気なく使うけれど。本当に天国のxxさんがやって来たら、どう怒るんだろう、どう悲しむんだろう。しかも、死んだ(行方不明)の姉は、ラップが大好き。小説を書くのを諦めた妹に、姉はどんなラップで妹と語るのか・・・っていうのを物語にしたもの。突如現れた姉は、幽霊なのか、想像の産物なのか、結局語られないけれど。姉と妹のぎこちないラップバトルが、見ていてヒリヒリするような喪失を孕んでいて、観ていて辛かった。

3/『浮気はしたい』・幕間/『推しのいる星』

浮気した相手の死を受け入れられない男。妹の部屋にかくまわれながら、骨壺に、まるで相手が生きているかのように話しかける。そこに妻がやってくる。・・・妹は、その光景を見て、支配欲の強い彼氏と別れる決意をする。
一夫多妻制は、本気で言っているのか、それとも浮気のいい訳なのか。はたまた、背後で一体何があったのか、ラストまで観ても、明確に語られない状況があるけれど、当人達にはとても深刻な状況を、少し滑稽で不思議な空間として描いていて、面白かった。

このカテゴリーの記事

舞台#芝居,#劇団晴天