まだ間に合う公演レポ(21日14時)
●1/26(水)まで feblaboプロデュース「ガラテアの審判」
●1/23(日)まで 柿喰う客「空鉄砲」
●1/30(日)まで モダンスイマーズ「だからビリーは東京で」

<映画レポート>「ジョゼと虎と魚たち(2020・韓国版)」

#映画

【ネタバレ分離】昨日観た映画、「ジョゼと虎と魚たち(2020・韓国版)」の鑑賞レポートです。

映画基本情報

タイトル

「ジョゼと虎と魚たち(2020・韓国版)」

2020年製作/117分/G/韓国/原題:Josee
配給:キノシネマ

キャスト

ジョゼ:ハン・ジミン/ヨンソク:ナム・ジュヒョク

スタッフ

監督: キム・ジョングァン /製作:ク・ジョンア/原作:田辺聖子/脚本:キム・ジョングァン/撮影:チョ・ヨンジク/編集:ウォン・チャンジェ/音楽:NARAE

公式サイト

ジョゼと虎と魚たち(2020・韓国版)
(公開後、一定期間でリンク切れの可能性あり)

映画.comリンク

作品解説

日本でも2003年に実写映画化、20年にアニメ映画化された田辺聖子の短編小説「ジョゼと虎と魚たち」を韓国で映画化。キム・ジョングァン監督が日本実写版のエッセンスを巧みに取り入れながら、四季が織りなす美しい映像を背景に、足の不自由な女性と心優しい大学生の純愛を描き出す。「虐待の証明」「密偵」のハン・ジミンがジョゼ、ドラマ「スタートアップ 夢の扉」のナム・ジュヒョクがヨンソクを演じた。

あらすじ

大学卒業を控える青年ヨンソクは、道端に倒れている車椅子の女性に遭遇し、家まで送り届ける。足が不自由な彼女はジョゼと名乗り、祖母と2人きりで暮らしていた。本が大好きで独特の感性を持つジョゼに興味を抱いたヨンソクは、それ以来、度々彼女の家を訪れるようになるが……。

満足度

★★★★★
★★★★★

(4.0/5.0点満点)

鑑賞直後のtweet

ここから先はネタバレあり。注意してください。

感想(ネタバレあり)

田辺聖子の小説の映画化。私自身は、小説版は読んだ事がないものの、昨年のアニメ化されたバージョンと、妻夫木聡主演で2003年に実写映画化されたのは見ている。ストーリー云々は当然知っているので、韓国版でこの作品をどう料理してくれるのかな?、というのが見に行く動機だった。というのもこの作品、基本は恋愛モノだし、韓国テイストの演出が付いた方が作品としてはとてもしっくりくるんじゃないかなぁ、なんてことを漠然と思っていたのだけれど、結果としてはその予想は当たり。何よりも映像が美しいのと、日本の実写版やアニメでは、ものすごく曖昧にしている部分までしっかり言葉にしている気がして、この作品の妙な曖昧さがちょっと苦手だった自分には、とてもしっくりくる作品だった。3作の中では、これが一番好きだ。

何より、映像が美しい。ジョゼが住んでいる場所の、殺伐とした感じを殺さないままで、でもちょっとした街の風景とか、スコットランド?の風景とか。お話の大まかな流れはこれまでの2作と同じだから、映像の美しさと、ジョゼの表情を主に追いかけるのを純粋に楽しめた。

この作品、主人公のヨンソクがジョゼに抱く哀れみの感情だったり、ジョゼのヨンソクの依存だったりを、ある短い時間乗り越えて、そのごく短い間だけ恋に落ちた2人・・・っていう物語だと、私は勝手に解釈しているのだけれど。韓国版、特にラストのくだり、ジョゼが完全に自立して、車まで運転できるようになっていて、でもヨンソクは、まだどこか彼女を引きずっている様がとてもいい。実写日本版は、振る・振られるが逆だったように記憶しているのだけれど(ちょっと記憶が曖昧だけど)・・・どちらにしてもこれ、一時の恋物語、という解釈がちゃんと伝わればいいものだろうから、逆な展開でもいいのかな・・・なんて事を思ったり。

ヨンソクの、大学での教授のやりとりとか、不倫している様とか、これまでの2作にはなかった設定が、所々に挟まれてた。確かにヨンソクがジョゼ以外の部分でちゃんと生活しているし、それなりに色んな選択肢を手にしている、っていうことを示す意味ではいいのかもしれないけれど。ここまで細かな描写が必要なのかな…というのは、ちょっと疑問に思ったり。

このカテゴリーの記事

映画#映画