まだ間に合う公演レポ(30日8時)
●11/30(水)まで 楽市楽座「ゆりあげ」

<観劇レポート>MICOSHI COMPLEX「人生最高の日」

#芝居,#MICOSHI COMPLEX

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 MICOSHI COMPLEX「人生最高の日」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名MICOSHI COMPLEX
第六回公演
人生最高の日
脚本早川 貴久、岡田 寛司、 IttA
演出早川 貴久
日時場所2021/10/27(水)~2021/10/31(日)
OFFOFFシアター(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

2014年 4月、主宰の早川貴久が、 岡田寛司、小玉康貴、伊藤彩奈、
舘岡動物園と共に結成した、主に演劇をするための団体。

他の目標としてはボードゲームを作ることがある。

常に自分達が面白いと思うことを第一に、
観客に媚びない作品創りに励みながらも
観客の顔色を伺い続ける天邪鬼劇団。

その作品は、毎回社会的テーマを含みつつ、
その問題性を面白おかしく、時にはひねくれた角度から
描いていくシニカルでブラックなコメディ。

異化やスベり芸、独特の間を駆使した演出は、 台詞、音響、照明、
どれをとっても一度ずれるとなかなか取り返しがつかず、
「博打みたいな芝居」と評される。

様々なレパートリー創出のため毎公演趣向を変えているつもりだが、
異化や笑いに対する並々ならぬこだわりは変わらない。

思いの外、社会派劇団。

MICOSHI COMPLEX

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

小さい頃から、人生最高の日を過ごすとループしてしまう体質をもった大安めぐる。
想いを寄せる男性、先勝かけると共に、2人が応援しているアイドルのバスツアーに参加する。
バスツアーによって2人の距離は縮まり、めぐるはかけるに告白される。
人生最高の日を過ごしためぐるは、ループしないために、
今日という日にマイナスを加えるのだが・・・。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2021年10月28日
19時00分〜
上演時間125分(途中休憩なし)
価格3500円 全席指定

チケット購入方法

CoRichの公演ページから、予約しました。
予約時、前方か後方かの列指定が出来ました。
当日、現金でお金を支払い、座席指定の券をもらいました。

客層・客席の様子

男女比は5:5くらい。
様々な年齢層のお客さんがいました。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・コメディ
・タイムリープ

観た直後のtweet

映像化の情報

情報はありません。

満足度

★★★★★
★★★★★

(2/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

人生最高の日を体験して、翌日目が覚めると、その日を繰り返してしまうタイムリープな性分を持っている女、大安めぐる。どうやら家族代々の女に受け継がれるものらしく、お母さんがその事を教えてくれた。ちょっと気になるバイト先の先輩と、アイドルVチューバーの'リン音色'の、一泊二日ツアーに出かけたら、いろいろあった末に先輩から告白された。翌日目を覚ましたら、案の定ループ。でも、どうやらアイドルも、そしてそこに住む地縛霊?も、ループの原因らしい。そこで巻き起こるドタバタコメディ。

人生最高の日を体験すると、ループする。・・・って一見、整合性ありそうで、よくよく考えるとよく分からん設定。「それより前の人生の幸福度を超えれない」って事か?。それとも「人生のピークはあらかじめ決まってい、それを越えると発動する」って事か?・・・と、どっちにしても、ツッコミどころは満載だけれど、まぁ、演劇の設定としては面白いなと思って、どうなるのか興味本位で観劇。・・・ただ、結局は、それ以上に、いろんなものが盛り込まれ過ぎてて、盛り込まれ過ぎてる故にどうにもご都合主義に見えて、全く手に合わずだった。

一泊二日ツアーを企画したアイドルは殺されたらループする、って言うのが途中で分かるけど・・・んーだとすると、そっちのループが話がメインでよくね?、という気もするし。アイドルと地縛霊にそれぞれ過去があるけど、説明もどこか唐突。タイムループって、どうしても「その状況を知っている第三者」を物語に組み込まないと、回収のストーリー作りが難しいけれど(中野劇団の『10分間2019~タイムリープが止まらない~』もそうだったし)、似てるけれど別の悩みを持っている人を出してきてしまうと、焦点が定まらないというか・・・元の設定、何だったのかなーという感じが否めなかった。

基本コメディの芝居だけれど、随所に挟まれる小ネタが、役者さんは理解していないのかなー、という感じがしたのが辛かった。

気になった役者さん。タイムリープしてしまう主演の、山本華の演技が印象的。細かい表情がいちいち納得出来て、魅力的。片桐健人、声が印象的だった。

このカテゴリーの記事