まだ間に合う公演レポ(29日12時)
●11/30(水)まで 楽市楽座「ゆりあげ」

<観劇レポート>トツゲキ倶楽部「グッバイ ロビンソン」

#芝居,#トツゲキ倶楽部

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 トツゲキ倶楽部「グッバイ ロビンソン」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名トツゲキ倶楽部
グッバイ ロビンソン
脚本飛葉喜文
演出横森 文
日時場所2022/10/26(水)~2022/10/30(日)
「劇」小劇場(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

トツゲキ倶楽部について
ある日突然、
芝居したくなる奴らが
ぶわ~っと集まって
演劇してしまおうぜ!
という心意気で
結成された演劇ユニット。
略して、“トツゲキ”。
「ありえないけどありえるかもしれない状況」と
「ゆるくもしっかり生きている言葉と演技」で
独特な人間模様のおかしさを
エンタメ化して紡ぎ出す。
舞台ならではのおもしろさ
がっつり魅せます!

本公演とは
ひと味違うテイストに挑む
SIDE B公演もやります。
“秘密”もあるよ。

トツゲキ倶楽部

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

宇宙の風には
乗せてもらえない。

けれども。

希望なんかないけれど、
ボクらはみんな生きている。

誰かの味方になりたくて。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2022年10月28日
19時00分〜
上演時間95分(途中休憩なし)
価格3500円 DVD撮影回割 全席指定

チケット購入方法

劇団のホームページからのリンクで予約しました。
当日受付で、現金で支払いました。

客層・客席の様子

男女比は5:5くらい。様々な年代層の人がいました。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・会話劇
・静か
・ハッピー
・シンプル

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(3/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

ロビンソンという名の隕石が、地球にするらしい。地球はまもなく消滅する。衝突まであと半年。(おそらく)日本では、スピッツの曲「ロビンソン」がリバイバルで流行ってる。警察署の日常。ロビンソン、という猛犬が逃げ出したという相談があり、滅亡を前にして、人々は割と淡々と日々を過ごしている。3年前。ロビンソンが衝突する事が分かった時、地球全土は地獄な様相だった。そのトラウマを乗り越えて、残された時を淡々と生きている人々。そんな人々の、日常の悩みの物語。

劇団初見。藤枝リュウジを思わせる、好みのチラシのデザインに誘われて観劇。前半、明らかになる「ロビンソン」の設定が、とてもお洒落で、どこか物悲しくて、素敵だ。隕石と、歌の名と、犬の名と。近未来にありそうな設定を、会話の中でサラリと織り込んできて、この状況普通じゃないんだーというのが分かる。この設定にワクワク。チラシのデザインともリンクしていく。おおっ、前半いいぞ、いいぞ、と後半の展開に向けて、期待があがるのだけれど。

後半。警察署内の一室にみんな集まってきて、みんながみんな、それぞれの悩みを吐露し出す。ちょっと弁論大会な様相。私的には、典型的な演劇ご法度パターンな語り方、だと思っているけれど、正にそれをやられてしまった感覚。いや~、本当に悩んでいる人は、そんな風に自分の悩みを、整然と論理立てて語ったりしないけれどなぁ・・・とツッコミ入れてしまう。「ロビンソン」の状況の差し込み方と同様、お洒落に、小出しに、悩んでいる様を会話で浮き上がるように浮かび上がらせて欲しかった。前半が鮮やかだっただけに、後半の落胆が大きかった。

このカテゴリーの記事