まだ間に合う公演レポ(24日6時)
●10/24(日)まで あんっHappyGirlsCollection「泡雪屋電影譚」
●10/24(日)まで 壱劇屋「独鬼」
●10/24(日)まで U-33project「シャンデリヤvol.2」
●11/30(火)まで 楽市楽座「うたうように」

<観劇レポート>ひみつまたたき「おおかみますく」

#芝居,#ひみつまたたき

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 ひみつまたたき「おおかみますく」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名ひみつまたたき
おみあい公演
おおかみますく
脚本林千大
演出林千大
日時場所2021/03/18(木)~2021/03/21(日)
東中野バニラスタジオ(VanillaStudio)(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

言いだしっぺ・さんなぎによる「こんなことあるよね~不思議だよね~」を、楽しく上演するひっそりとした企画。
2019年5月にいきなり始動。早速同年7月におためし公演『ぱくぱくばく』を上演。10月にはおたんじょうび公演『とけいわすれてるようさぎさん』を上演。
2020年4月に上演予定であった『おおかみますく』は2021年の春に延期予定。
2020年4月から5月にかけて、Zoomを使ったホラー作品『しぜつまいまい』を3話構成で連続上演。
2020年8月、劇場からの生配信で、のぞきみ公演『もしもしもすきーと』『ぼうふらぐるぐる』を上演。
そこそこのペースで楽しく自由に作品を発表している。
次回公演はおたんじょうび公演'20と銘打って、リアルタイム無料配信一人芝居『だっと、どこまでもはやく』を10月23日に上演予定。また、24日、25日には久し振りの有観客劇場公演として『ものすごくはやくとぶかめ』を上演予定。

ひみつまたたき

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

『おおかみますく』は二度死ぬ。

2020年4月に上演予定であった『おおかみますく』をすべて棄て、
2021年3月バージョンの『おおかみますく』を上演いたします。
ひみつまたたき、2021年最初の作品は、嘘についての物語。

うそはついてもつかれるな。
うそをつくのはつかれるな。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2021年3月19日
19時00分〜
上演時間60分(途中休憩なし)
価格2500円 全席自由

チケット購入方法

劇団のホームページから、リンクをたどって予約しました。
当日、受付で現金でお金を支払いました。

客層・客席の様子

男女比は8:2くらい。男女とも、若い方が多かったです。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・不思議

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(3/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

物語を上手く理解できているか、ちょっと自信は無いものの、自分の理解を書いておくと。
「物語を作る人が、物語を作るのを途中で放棄したら、物語の中にいる人はどうなるのか?」という物語。弟からの「遭難しました」というLINE。それを探偵に相談する姉。一体どこに遭難したのか、という事を解いていく事で、遭難した物語の中を歩き回る。この探偵への相談も、弟が書いた物語の一部だったりする。

途中で物語の意図に気が付いたときに、過去にそんな話を観たことがあるな、という感覚を持った。きっと、王道的な物語なんだろうな。卑近な例だと「けれどスクリーンいっぱいの星」「ネバーエンディング・ストーリー」「ピルグリム」なんかは、ストーリーは全く異なるものの、同じような路線の話だと思った。

どこか、直感的には分かり難い設定なので、すんなりと物語が入って来ればよいのだけれど・・・、言葉が、中々頭に入ってこない。言っている意味はよく分かるのに、腑に落ちないというか、テスト前日に、苦手科目の勉強をしている感覚。なんでだろう、というのをずっと考えてしまったのだけれど。

状況の説明に終始していて、その物語が意図するテーマみたいなものが、希薄だからだろか、なんていう事を思う。「遭難しました」と本人からLINEが来るのはちょっとワクワクするものの、その後の物語の中で特に「遭難」というのが出てくる訳でもなかった。往年の同じテーマの物語は、もっと壮大なテーマ。要は「嘘が上手い」世界観。その「せっかく作った嘘の世界」が、ちょっと矮小すぎるのかな、と思う。壮大に描き切れば、細かい説明なんて不要で、「あー物語の中なんだろうなぁ」くらいで済むような気もする。単に、私が意味を見つけられなかっただけかもしれないけれど、その小さな場所で、ウンウン唸りながら、考え込んでしまった感覚だった。

このカテゴリーの記事