<観劇レポート>GENKI Produce「家族と呼ばないで ~I can’t say it enough~」

#芝居,#GENKI Produce

【ネタバレ分離】


観た芝居の感想です。

公演前情報

公演・観劇データ

団体名 GENKI Produce
GENKI Produce vol.16
家族と呼ばないで ~I can’t say it enough~
脚本 田中大祐
演出 田中しげ美(GENKI Produce)
日時場所 2020/01/29(水)~2020/02/02(日)
ブディストホール(東京都)

家族と呼ばないで ~I can't say it enough~ | 演劇・ミュージカル等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

TBS『関口宏の東京フレンドパーク』でお馴染み(?)の俳優・西秋元喜が、“個性のある役者、輝いてる役者を集め舞台をやる”をコンセプトにプロデュースする演劇ユニット。

GENKI Produce OFFICIAL WEB SITE

事前に分かるストーリーは?

チラシには記載がありますが、データとして記載されているものがあませんでした。

観劇のきっかけ

チラシが気になっての観劇です。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

観劇日時 2020年1月31日
14時00分〜
上演時間 110分(途中休憩なし) 全席指定

客層・客席の様子

男女比は2:8くらい。アラフィフくらいの女性が多くいました。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・コメディ
・会話劇
・ハッピー

観た直後のtweet

映像化の情報

公演DVDの先行予約用紙が入っていましたので、DVDがいずれ発売されるかと思います。

満足度

★★★★★
★★★★★

(3/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

ストーリーは。
ルディことカワシマケンと、ポールこと西田シンは、ゲイのカップル。今日は結婚式場で、仲間だけで結婚のパーティをする。シンは妹が、ケンは叔父のゲンさん(同じくゲイ)が、親戚代表として出席する。それ以外の家族は呼ばない。イベント盛り上げ上手の、ゲイ仲間のミッキーが、他の仲間と共に余興や司会で式を盛り上げてくれる予定。そこに、シンの妹の手違いで、静岡から両親が来ることになり。ケンの妹は、兄が何かコソコソしていると結婚式場に様子を見に来た。ゲイのカップルだという事を何とか隠そうとする、ケンとシンと、妹と結婚式場のウェディングプランナー。結婚相手を偽って、妹同志、クロスで結婚する合同結婚式をでっちあげたりして、ドタバタ。そこから巻き起こるドタバタコメディ。・・・と強引にまとめるとそんなお話。(役名は記憶を基に記載)

ゲイのカミングアウトに伴う葛藤。お話としては、ん、何処かで聞いたことあるような、な感覚。ラスト20分、結局秘密が全部バレちゃって、シンの両親とケンの妹に真実を話す、ゲイと結婚をカミングアウトするところは感動的。特にシンの母への告白と、母の反応は、思わず涙をしてしまった。ゲイのカミングアウトって、それこそ古くは「コーラスライン」あたりからよく見かけるストーリーではあるものの、感情が伴う劇として見ると重みがあるなぁ、という事を感じる。

一方、中盤までのドタバタコメディは、観ていてちょっと辛い。脚本が今一つって感じなのかなぁ。物語の構成としては、アガリスクエンターテイメントの「我が家の最終的解決」なんかと似ているのに、なんていうのか、どこかコメディのためのシチュエーションっていう感じで、ちょっとウトウトしてしまった。そもそも、あの状況までいってしまったら、全てを隠し通すって冷静に考えて無理だよなぁ。そう思うと、2人は動転するか、冷静に策を練るか、だと思うんだけれど、どちらにもならないまま行き当たりばったりの行動をしていて。気が付くと結婚する主人公二人は、ゲイを隠すために舞台に立っているように思えてしまった。要は、動機がないのに行動しているように見えてしまって。「動機」と「障害」っていう2つの核心部分が、かなり曖昧になってたのかなぁ、と観ながら思わず分析をしてしまった。

気になった役者さん。田野聖子、俳優座の役者さんのよう。コメディ展開の所は、役所上仕方なくもちょっとまどろっこしく感じるけれど、ラストのシンに寄っていく様は、ストーリー的には読めていたけれど良かった。青地洋、狂言回し的な感じだけれど、宴会好きのゲイのって感じがとてもいい。ゲイじゃない時の演技は分からないけれど、ゲイだと、ミュージカル「キンキー・ブーツ」なんかで観たい役者さん。渡辺克己、声優さんとしての活躍が多そうだけれども、たたずまい含めてカッコいい。この人も実はゲイ、っていうのが、直接的な表現じゃないけど滲み出ているのがよかった。

いつでもどこでも観放題!演劇動画配信サービス「観劇三昧」


お芝居好きの方は、要登録サービスです。