<観劇レポート>露と枕 「ビトウィーン・ザ・シーツ」

#芝居,#露と枕

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 露と枕「ビトウィーン・ザ・シーツ」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名露と枕
露と枕 Vol.5
ビトウィーン・ザ・シーツ
脚本井上瑠菜
演出井上瑠菜
日時場所2020/11/18(水)~2020/11/22(日)
シアター風姿花伝(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

早稲田大学演劇研究会を⺟体とし、井上瑠菜を主宰として 2018 年 4 月に旗揚げ。
「人は、一人では生きていけない。人は、人に依存してはならない」
そんな矛盾した正論を受け入れられない人たちが、必死に人に依存する、壮大で繊細な夢物語を紡いでゆく。

露と枕

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

文化祭を控えた二学期の初め、若い男性教師が赴任してきた。
女子だけの世界にやってきた男に生徒たちは浮足立ち、誰が先生のお気に入りになれるか、
競い合うように華やいでいる。

学校の端では生徒会が文化祭の準備に掛かり切りだというのに、皆そのことを忘れているようだった。
真面目で、真面目だけが取り柄で、暗い生徒会室に入ったと思われている彼女たちのことなど、誰も見ていない。

彼女たちが何をしているかは、彼女たちしか知らない。

日の差さない小さな部屋に、内緒話と笑い声。息を潜めて、一人が言った。
「あの先生、抱けるんじゃない?」
古くて汚い学校、猫なで声を出すメスの匂い、中心にいる男の匂い。
全部が嫌いで、くだらない。彼女たちは生徒会最後の仕事である文化祭で、全てを壊してしまおうと画策し始める。

これは遊び。私たちの、悪戯。

観劇のきっかけ

評判が気になったからです。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2020年11月18日
19時30分〜
上演時間100分(途中休憩なし)
価格2800円 全席指定 前売事前清算

チケット購入方法

劇団ホームページからのリンクで、Livepocketというサイトで予約、カード決済をしました。
スマホアプリにチケットを取り込んで、当日QRコードを見せました。

客層・客席の様子

男女比は7:3くらい。
大学生くらいの若い層と、40代くらいの男性の層が目立ちました。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・会話劇
・考えさせる
・エロい

観た直後のtweet

映像化の情報

情報はありませんが、配信がありましたので今後映像化されると思います。

満足度

★★★★★
★★★★★

(3/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

少し清潔感が多すぎるかな、というのが印象だった。清潔感ゆえ、見たいものが見えなくて、まどろっこしい感覚。セックスが大事なモチーフなのに、その描き方がぞんざいかな、と思う。

女子高の生徒会、生徒会室。文化祭を控えてイベントの準備をする生徒会の仲間が舞台。割と冒頭、隣の男子高生、宇佐美のアパートに遊びに行くシーンがあるのだけれど、この背後で何が起こっているのか、上手く想像が出来なかった。後を尾行した教師、寝占が、扉の外で見聞きしたことで、皆を脅しにかかるし、その脅しに屈する面々。私が何か大事なセリフ聞き逃していなければ…、みんなでセックスでもしてたの?という気もするのだけれども、その後のシーンの流れや関係性、文化祭での戯れを見ていても、そうは見えない。

怜美と寝占は「やっちゃった」んだろうけれど。二人の会話を見ている限り、そういう感覚がない。それは、涼花とのやり取りも同じ。寝占とみんなで「やっちゃおう」という感覚も同じ。高校生が主人公だし、それなりにエグい事を描いているのに、セリフにも舞台にも、妙な清潔感があって、こちらの想像を阻んでくる。あれ、物語ちゃんと理解できてないのかな、と疑心暗鬼的な感情も芽生えてくる。

加えて、常に核心の言葉を避けて物語が語られているような気もする。「やった」という言葉でセックスが語られるけれど、常に核心を避けてて、他の文脈とも取れなくもない。観ている観客側が、邪な気持ちを持っているから、「やった」という言葉がセックスだと受け取れるような感覚さえしてくる。舞台で直接描かれるわけではない悪戯、を脳内で補わないといけないんだけれど、背後の光景がうまく像を結んでこなくて、自分の中のエロい自意識と葛藤しながら観ている感覚だった。

核心を描かずに、周辺をフチ取る事で、核心を浮かび上がらせる方法を狙ったのかもしれないけれど、その点が私にはうまく伝わってこなかったのかもしれない。むしろ、フチを描くやり方、核心を避ける描き方が、セックスを題材にした事で、作品自体の幼さとして、私の目には映ってしまった。ひょっとするとそれは40代の感覚で、このフチ取りの感覚、を楽しむには、私は歳を取り過ぎているのかもしれない、と思ったりもした。

地味な制服なのに、役者さんの個性が強し。宮部大駿、澤あやみ、北原葵が、印象に残り。


【舞台】カテゴリーの最近の投稿

このカテゴリーの記事

舞台#芝居,#露と枕