まだ間に合う公演レポ(29日6時)
●11/2(火)まで 劇団印象-indian elephant-「藤田嗣治〜白い暗闇〜」
●11/30(火)まで 楽市楽座「うたうように」

<観劇レポート>劇団競泳水着「月にいるみたい」/『1つの部屋のいくつかの生活』#3

#芝居,#オフィス上の空,#劇団競泳水着,#1つの部屋のいくつかの生活

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 劇団競泳水着「月にいるみたい」の観劇レポートです。
#3」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
オフィス上の空
「6団体プロデュース『1つの部屋のいくつかの生活』#3」
チーム黄色
団体名劇団競泳水着
月にいるみたい
脚本上野友之
演出上野友之
日時場所2021/04/09(金)~2021/04/18(日)
吉祥寺シアター(東京都)

CoRich 公演URL

企画の紹介

ホームページにはこんな紹介があります。

今回は6つの団体をプロデュース致します。
舞台は“とある部屋”この舞台セットを題材とし、選出した6つの団体に“60分”の作品を上演して頂きます。
1.必ず全団体が同じ舞台美術を使用すること。小道具など多少の変化は可。
2.2団体で1組の公演とし、計3組、9日間全18ステージ(1団体6公演)を上演。
3.上演時間は2時間10分《1団体目開演(60mm)→終演→10分の休憩→2団体目開演(60mm)→終演》
決められた舞台美術の中で描かれる6団体の〈個性〉と〈色〉のぶつかり合い。
お客様にはシンプルに楽しんで頂き、作る側には“新しい出会い”と“刺激”になれば、と思っております。

オフィス上の空

団体の紹介

2003年10月、早稲田大学在学中の上野友之により、ユニットとして旗揚げ。

活動初期より、幾多の映画や漫画から影響を受けた上野による、物語性の高い、映像的な構成のドラマやミステリーを数多く上演。

2015年7月には上野が大阪に滞在し、「大阪部」という企画名にて新作「惑ひ」を上演。
今後も定期的に滞在制作を予定している。

恋愛群像劇を中心に、作風の幅を広げながら、現代の人間関係を様々な角度から描く物語を創り続けている。

劇団競泳水着

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

湖の畔に佇む家族経営のホテル。

冬の夜、長女・彩夏の友人である柚美が、東京から訪ねてくる。
同宿の人々と一夜を過ごし、翌朝に旅立つ柚美。       

ところがその後、柚美の行方を探して、もう一人の友人・莉莎子が、
柚美の姉の橙美と共にやってくる。
柚美は一ヶ月前から、誰とも連絡を絶っていた、というのだ。 

いなくなってしまった友達を巡る、
人々のある二夜(+α)の物語。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2021年4月16日
16時15分〜
上演時間約65分
価格4200円 全席指定
チームチーム黄色として別演目とセット 演目間に10分休憩あり

チケット購入方法

CoRichで予約しました。
当日、受付でお金を支払い、指定席券を受け取りました。

客層・客席の様子

男女比は6:4くらい。様々な年代の人がいました。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・会話劇
・静か
・シンプル

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(2/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

事前のストーリー記載の通り、湖の畔に佇む家族経営のホテルの物語。魅力的な役者さんか多いのに、私にはちょっと合わないなぁ、というタイプの会話劇だった。

描きたいのは、不在期間の人生の重みにどう向き合うか。宿に泊まりに来て、翌日旅立つ学生時代の友人。学生時代から今まで、どのような人生は分からないけれど。その重みに、どう向き合うか。違和感を感じても、詳しく聞かない。そういう優しさ。受け止め方の物語。

どうも、セリフがワザとらしく感じる。一見普通の会話に見えて、それって客に「xxだと思ってほしい」っていう意図が透けて見える。登場人物同士の会話、というより、客に対するセリフ。それに気が付くたびにゲンナリしてしまう。舞台の登場人物同士が会話していない。例えば、自殺をほのめかす状況。宿に泊まった時にはそこまで分からないはずなのに、時間軸的には後付けされて姉の説明で全てが「自殺」の方向に見えてしまったり。…要は「自殺」ってミスリードしてほしいんだろうな、とか。(その後、湖畔に落ちた映画の音響担当、って物語に要らない気もするし)ラストの「2万円」のくだりも、「生きてます」っていうサインだけれど…なんかホンワカするような一言に思えて、よくよく考えるとそんな事するか?という気もする。

全般的にそんなやり取りが続くのと。その割に、2人になるシーンが多いので、会話が成り立ってないなぁ。会話というより、客に向かって喋ってるなぁ、というのが如実に見えてしまって。途中少しウトウトしつつ、あまり気持ちが乗らなかった。

このカテゴリーの記事