まだ間に合う公演レポ(10日17時)
●11/30(水)まで 楽市楽座「ゆりあげ」

<観劇レポート>U-33project「もんくちゃん世界を救う」

#芝居,#U-33project

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 U-33project「もんくちゃん世界を救う」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名U-33project
U-33project ver.10
もんくちゃん世界を救う
脚本結城ケン三
演出結城ケン三
日時場所2022/06/22(水)~2022/06/26(日)
王子小劇場(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

2015年8月に発足した演劇団体​
読み方はユーサンサンプロジェクト 主宰は結城ケン三

世の中で話題になる出来事、ニュース、思考は全て
「マジくだらない〇〇」からなるという考えの元に作品を提供
“笑いを取りにいかない笑い”のスタイルを基本に
日常、非日常にある不条理に様々な視点で噛みつき
ユーモアで真意を隠すスタイルによって
笑いの中に真面目なテーマを隠しメッセージを伝える
憂と遊が燦々としている作品を提供します

U-33project

過去の観劇

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

◆ストーリー◆
あるところにおじいさんとおばあさんがいました
そしてもんくちゃんもいました

もんくちゃんはある悩みがありました
〝文句〟
どんな時でも突然現れるそいつは
頭の中を支配する迷惑な存在でした

しかし文句には、願いを叶える不思議な力があったのです

もんくちゃんは仲間を集め、強大な敵を倒す旅に出る
果たしてもんくちゃんは世界を救うことが出来るのか?

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2022年6月24日
19時00分〜
上演時間105分(途中休憩なし)
価格3500円 全席自由

客層・客席の様子

男女比は5:5くらい。
様々な年代の客がいました。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・シリアス
・笑える
・会話劇
・考えさせる

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(4/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

私なりの強引なストーリまとめ

もんくちゃんは、もんくを研究するお爺さんと出会う。そして、もんくが溜まっている、犬・猿・キジをお供に、もんく鬼退治に出かける。初戦は惨敗するも、もんくちゃんは気付く。「もんく」じゃなくて「意見」を言えばいいんだ。鬼とのリターンマッチは、「意見」をぶつけて圧勝。調子に乗ったもんくちゃんは「意見」という名のもんくで暴走。いつしかそれは、誹謗中傷の嵐になっていく。桃太郎の話を下敷きに、桃太郎が際限なく力を持ってしまった時の物語。

感じたとこ

桃太郎をなぞった鬼退治が失敗した後に「文句じゃなくて意見を言えばいいんだ」と、もんくちゃん。そのあたりまで…前2/3くらいは、正直なところ「なんと説教臭いいのか」と思った。これまで観たU-33 projectは、イイ感じで青さを表現してくれる作風。でも、これだと青臭すぎて、何だか「道徳」の授業でみせられるビデオのようで。あれれ、どうしちゃったのかな…と、少しゲンナリしてしまったのだけれど。

もんくちゃんが暴走し、犬猿キジも暴走しはじめて。子供向け演劇のセットのような童話な世界が一気に、マジック書きの悪口で染められていくのをみていると、背筋に寒いものが走る感覚。気がつくといつものU-33ワールドな、みずみずしい青臭さ、にはめられてて、思わずムムムと唸ってしまう。

SNSとかナントカな世界。「もんく」は、おじいちゃんとおばあちゃんの喧嘩だけじゃなくて、やろうと思えば世界中に拡散されて、力を持ってしまうようになってしまった。ラスト、うずくまって「ただ私の事をを知ってほしかった(うろ覚え)」というもんくちゃん。…SNSまで話を広げなくても、身近なところでも、それは世界を救う道具にも、壊す道具にもなる。そんな世の中に、私たちは生きている。

この演劇に、そんな今の世の中に対する「答え」があるとは思わなかったけれど。白い舞台セットが、「便所の落書き」のように汚れていく中で、うずくまるもんくちゃんの姿が、今の世の中をものすごく言い表していて。気がつくとド直球な青臭いテーマ。U-33らしい「みずみずしい青臭さ」が漂ってきて、あーやっぱりこの感覚だ、と思った。

今回も女優さんが多い座組だけれど、魅せ方が本当に上手い。もんくちゃんを演じる、ゆでちぃ子。の声と表情がかなり独特で、頭の裏っ側に残りそう。ストーリーテラーの中村透子の動作が、いちいちとても可愛くて印象的。

U-33 project、これまで観た何本かの芝居で、「ここがクライマックス」って言うときに、ピアノ演奏の同じ曲が流れている気がするのだけれど(勘違いかもしれない)、今回も冒頭の暗転とクライマックスに使われてたような気がして、ものすごく脳裏に残っている。何ていう曲だろう。オリジナルなら曲を売って欲しいな、と思う。

(2022年7月19日追記)
たまたま、この曲を見つける。記憶が正しければこの曲 もっぴーさうんど「escort」。フリー素材とは思わなかった。

舞台#芝居,#U-33project