まだ間に合う公演レポ(10日16時)
●11/30(水)まで 楽市楽座「ゆりあげ」

<観劇レポート>MCR「アカデミック・チェインソウ」

#芝居,#MCR

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 MCR「アカデミック・チェインソウ」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名MCR
アカデミック・チェインソウ
脚本櫻井智也
演出櫻井智也
日時場所2022/06/22(水)~2022/06/30(木)
ザ・スズナリ(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

MCRは1994年に脚本・演出の櫻井智也(ドリル)を中心として、当時同じ演劇の専門学校に通っていた数人により結成されました。
コンスタントに年2~4本の本公演を重ね、本公演22回を数えます。
また、本公演以外でも主宰ドリルによるプロデュースユニット「ドリルチョコレート」公演、第13回ガーディアン・ガーデン演劇フェスティバルの最終予選会出場、各種企画公演への出演等を本公演の間に積極的に行っており、それらを総合すると年に2~5本、計40余公演を上演しております。

MCR

過去の観劇

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

総勢16名による愉快な罵詈雑言が飛び交う演劇です。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2022年6月24日
19時00分〜
上演時間100分(途中休憩なし)
価格3200円 全席自由 前半割

チケット購入方法

劇団ホームページからのリンクで、予約しました。
当日、受付で現金でお金を支払いました。

客層・客席の様子

男女比は5:5くらい。様々な年代の客がいました。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・笑える
・会話劇
・青春

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(4/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

強引にまとめたストーリー

女子高校生?。修学旅行でホエールウオッチングしたら、船に鯨が体当たりして、無人島に流された。何日たっても助けは来ない。でも不思議な事に気がつく。海面の高さが、いつも変わらない。昨日採ったキノコが、翌日も生えている。どうやらこの島は、同じ日を繰り返し繰り返し、タイムリープしているらしい。助けが来ないのは、消息を絶った場所が分からないので、一日でたどり着けないから。そんな「同じような毎日」を繰り返す女子たちが暮す日々の物語。

感想

いつものMCRなテイストではあるものの、いつものMCRとはだいぶ違うなー、と思った。何がいちばん違うって、作品が刺さる先は実は高校生なんじゃないか、という事。高校演劇の演目として演じても、全然いい気がする(まあ、さすがに恒例の大麻ネタはダメだけど)。MCRと高校演劇…何だか対局にある演劇のようにも思うけれど、こんな風に融合するような感覚もあるんだなーというのが不思議だった。

次から次へと出てくる、女子高生グループ。MCRのこれまでの作品を考えると、どこか記号的な女学生は登場するものの、女子高生そのものを描くのは、はじめて観るように思う。ストレートに「モラトリアム」。同じ日常が毎日続くような、あの学生の感覚。そこで不安に思う事も、ありきたりだと思う事も、マイノリティな感覚も。全てが変わるようで、変わらなくて、でも何かは確実に変わっていて。そんな独特な感覚を、タイムリープで表現する。

場転くらいしか音楽はなくて、セリフで魅せる演劇。言葉の鋭さは相変わらずで、人の嫌な面をサラリとめくって微笑むような、MCR、櫻井智也の感覚はそのままなのに。どこか「青春のノスタルジー」、青春への懐かしさの方がしっくりくる。中盤、ちょっとまとまりに欠けて、退屈さが湧き立ったけれど、いつものMCR作品とは少し違う、でもMCRな、不思議な作品だった。

ラストシーン。踊りながら救助を待つ女子高生たちの中で、暗転の中でキスする三澤さきと加藤美佐江にドキッとした。

舞台#芝居,#MCR