まだ間に合う公演レポ(1日0時)
●2/8(水)まで 東京芸術劇場「わが町」

<観劇レポート>フェルフェン「記憶の転生」

#芝居,#フェルフェン

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 フェルフェン「記憶の転生」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名フェルフェン
フェルフェン23/01performance
記憶の転生
脚本五十嵐絢美
演出五十嵐絢美
日時場所2023/01/13(金)~2023/01/17(火)
新宿眼科画廊(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

ホームページにはこんな紹介があります。

五十嵐 絢美主宰の演劇ユニット
​フェルフェン
フェルフェンとは…

【verven】
オランダ語で
「彩る」
「色をつける」
「染色」
「染める」
などの意味があります。

主宰・五十嵐の本名から一部を取りました。
いわば自分の分身であるかのように
大切に舞台を創作したいと願い名付けました。

「人生を彩るように」
観る人の心をたくさんの色で染める
そんな情熱的な作品をお届けすることを目指した
一人演劇ユニットです。

フェルフェン

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

フェルフェン12ヵ月連続公演
五十嵐絢美の一人芝居チャレンジ!

▶場所・日時
新宿眼科画廊
2023年1月~11月@スペースO
12月@スペース地下
毎月いずれかの(金)~(火)
5日間公演

▶チケット
前売・当日¥3300

予約は11/3より順次開始予定

▶公演詳細

第1弾
フェルフェン23/01performance
「記憶の転生」
作・演出・出演:五十嵐絢美
2023年1/13(金)~17(火)
@新宿眼科画廊スペースO

「私は私で、私じゃない」

彷徨える記憶の宇宙の片隅で遠くから声がした。

何度も繰り返す孤独の中、

新しい自分に巡り合うことを祈って。

ーある過去の経験から今までの記憶を“取り戻したい“女性科学者の記憶操作実験が始まった。しかしその中で女が見た世界線は歪な母の愛だった…。




以下、第12弾まで続きます!

★クラウドファンディング挑戦中★
目標金額〈30万円〉
¥1000〜リターンをご用意しております!
ぜひご支援いただければ幸いです!!

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2023年1月13日
14時00分〜
上演時間40分(途中休憩なし)
価格3300円 全席自由

チケット購入方法

団体のホームページから予約しました。
当日受付で、現金でお金を支払いました。

客層・客席の様子

男女比は5:5。様々な年齢層の人がいました。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・一人芝居

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(3/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

近未来の病院で、記憶の再生・改変?を研究する女(=娘)。その仕事につく時の面接。記憶を研究しようと思ったのは、母との記憶があったから。母は水商売で出会った男と結婚し、娘を産み、あまり愛情をかけてくれなかった。幼い頃の女の暴言で、母は自殺する。その時の記憶を何とか変えたくて、記憶を調べている女の一人語り。

五十嵐絢美の個人ユニット「フェルフェン」12か月連続一人芝居企画の、第1回め。たまたま初日を観たので、企画の最初の公演を観た事になる。研究者の着る白衣姿の五十嵐絢美が、時に母に、時にその娘に、役をスイッチし、時間も行ったり来たりしながら、記憶をたどる物語。

中盤の、母との会話の記憶をたどる場面。肉親であるが故に感じる、ざらざらとした感触や感情が鮮明。母が口ずさんでいた中島みゆきの曲「糸」につなげながら(そういえば、客入れの時にも中島みゆきが流れていた)、理解出来そうでいて、でも感情としては理解が追いつかない想いが、鮮明に浮かび上がってくるものの。

冒頭とラストに挟むような形で構成されていた、記憶の研究者・・・の部分が、いまいちピンと来ない。比喩的な意味で「記憶を操作」しようとしているのか。あるいは本気で、近未来を描いているのか。それ以外の意図なのか。いずれにしても、中盤の感触がかなり鮮明だっただけに、未来設定の部分でちょっとぼやけた印象の作品に思えてしまった。

一人芝居は、どうしても内面的な事を「一人語り」する設定が多い。この作品も、母との対峙を描いているのだけれど。あまり内面だけ、に向かい過ぎると、観ている側はちょっと息が詰まってしまう。一人芝居だからこそ、適度に遊びのテイストが欲しいなぁ、というのを感じた芝居だった。

このカテゴリーの記事