まだ間に合う公演レポ(28日19時)
●5/31(火)まで 24/7lavo「リバーシブルリバー」
●5/29(日)まで キョードー東京「RENT レント」

<観劇レポート>制作「山口ちはる」プロデュース「ビニール袋ソムリエ2021」

#芝居,#制作「山口ちはる」プロデュース

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 制作「山口ちはる」プロデュース「ビニール袋ソムリエ2021」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名制作「山口ちはる」プロデュース
制作「山口ちはる」プロデュース
ビニール袋ソムリエ2021
脚本雲隠ノノ太郎
演出雲隠ノノ太郎
日時場所2021/10/13(水)~2021/10/17(日)
駅前劇場(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

制作「山口ちはる」プロデュースとは

2017 年からスタートさせ、月に 1〜2 本の驚異的なペースで公演をプロデュースしている。

結成 4 年目に関わらず、現在 40 回以上の公演を行っている。
2020 年には2カ月連続本多劇場公演を行う。
固定のジャンルにこだわらず、様々なことに挑戦を続けている。舞台演出家以外にも「映画監督」に作・演出をお願いし舞台制作なども行っている。

制作「山口ちはる」プロデュース

過去の観劇

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

「今から行くよ」

佐藤は親友から届いた招待状を握りしめそう呟く。
そしてあまりにも自然にファミリーマートのビニール袋を頭にかぶる。

終わらないキャッチボール。
世界一の母さんのお弁当。
いかれた彼女の告白。

頭上の世界は日に日に膨らんでいった。

傘に落ちるパラパラ。
今日はやけに耳に残るな。

午前11時。全国の覚醒したソムリエ達が下北沢駅前に集結する。そして。

ビニール袋と共にあらんことを!
ビニール袋と共にあらんことを!
ポリエチレーーーン!

ああ、最高だ。

午後からは晴れるらしい。
虹が見れるかもしれないな。
物語へと通じる扉を開け放ち。うっすらと佐藤そんなことを思う。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2021年10月15日
19時00分〜
上演時間100分(途中休憩なし)
価格4000円 全席指定

チケット購入方法

CoRichの公演情報ページから予約しました。
当日、現金でお金を支払いました。

客層・客席の様子

男女比は5:5。若い人が多い客席でした。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・笑える
・アホ

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(5/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

ビニール袋ソムリエの闊歩する、ビニール袋を頭から被っていないと、テロリストに殺される世界で、テロリストの佐藤が、周りの雰囲気によってテロリストたちに従順になり、そして自らの考えを取り戻していく話。って、ストーリー書いても一体何のことや。そんな「ビニール袋ソムリエ」の世界を、まるでビニール袋=ナチスか何かによるファシズムの洗脳に抗った、かのように描く作品。

・・・久しぶりに観た、ブッ飛んだ演劇。「くだらねー」とか「ばかじゃねーの」という言葉しか出てこない。しかも、音響照明は、この異様な世界に惜しみない演出効果を付け加えて、一大冒険活劇に仕上げている。バカのクオリティが高すぎて、開いた口が塞がらない。・・・お久しぶりな感覚。演劇らしい「アホ」を、一直線に表現した作品に出会った。痛快だった。

各所に出てくる、下北沢の劇場ネタや、コンビニの袋を頭に被るから出てくるコンビニ比較ネタ(「ナナチキ」と「ファミチキ」の話とか)、あるいは、下北沢の小劇場界隈に関するネタ(「シアター711」の711は、本多さんの誕生日だとは知らなかった)。随所随所に、クスクス笑いが続く感覚。割と真面目なシーンでも、ふとビニール袋被っている様子を客観的に見ると可笑しさを感じて、笑いが押し寄せてくる。でも演じる方は大真面目。「高がビニール」を、「されどビニール」と扱う、迫真の演技で、世界をくみ上げる。

ビニール袋に熱中している舞台を観ていると、ふと、物語って一体何だろう…なんて事が頭をよぎる。もしこれか、「ナチスの鉤十字」だったら全く笑えない、むしろ権力に立ち向かう感動の物語ですらあるのに。ビニール袋にした途端、アホさが滲み出てくる。その「笑える」と「笑えない」の紙一重の違いって何だろう、僕らは普段、一体何に感動しているのだろう…、そんな、ちょっと哲学的な問いに思いを馳せたりもした。

コロナ禍の中、政治や疫病をどこか匂わせる真面目な物語が多い中、ここまで秀逸な方法で、世界を「おちょくって」みせるのも凄い。細かいネタを拾いながら、クスクス笑って、笑い続けて、観終わった後、腹筋が痛い。痛快。痛快。とにかく気持ちがいい。最高な作品だった。

それにしても、ラストに近いシーンでのセリフ、『「楽園」の柱を切ってきた』っていうのは、たまらねー。忘れられない。

このカテゴリーの記事