まだ間に合う公演レポ(29日21時)
●11/30(水)まで 楽市楽座「ゆりあげ」

<観劇レポート>劇団820製作所「(閉ざされた)世界で」

#芝居,#劇団820製作所

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 劇団820製作所「(閉ざされた)世界で」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名劇団820製作所
短編集
(閉ざされた)世界で
脚本波田野淳紘
演出波田野淳紘
日時場所2022/04/15(金)~2022/04/17(日)
横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ ギャラリー(神奈川県)

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

劇団820製作所(はにわせいさくしょ)は2004年に旗揚げ、
東京圏を活動の拠点として、演劇の公演を重ねてきました。

「本当はそこにあるおとぎ話」をキャッチフレーズとして、
生活と人、人と世界のあいだに横たわる詩を、
わたしたちの背後に作動するものがたりを、
作品化することを試みています。

劇団820製作所

過去の観劇

事前に分かるストーリーは?

ストーリー記載を見つけられませんでした。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2022年4月16日
17時00分〜
上演時間75分(途中休憩なし)
価格2000円 全席自由

チケット購入方法

劇団ホームページからのリンクで予約しました。
当日受付で、現金でお金を支払いました。

客層・客席の様子

男女比は5:5くらい。年齢層はさまざまでした。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・シンプル
・静か

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(4/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

短編5つをつなげた作品。以前、theater 045 syndicateとの合同公演「フェアウェル、ミスター・チャーリー」を観た事があったので、この作品のテイストを勝手に想像していたのだけれど、違った路線だったのでびっくり。

モノローグにも近いような会話の中から、不思議な世界をあぶりだすタイプの劇。公演会場も、ギャラリーとして利用される場所で天窓があり、夕方の光が差し込んでくる。空間にどっぷり沈み込むような体験だった。

各短編のメモ

「氷の解けた水」
どこか、星新一のシュールな短編を会話にしたような作品。背後に何があるのか、あるいは同僚の女は実はちょっと狂ってしまっているのか、あるいはこの会話自体、妄想の中のものなのか、よく分からないのだけれど。はっきりしない別の星での出来事が、何だか突然身近に感じられて面白かった。

「点描1 しね」
親の性を知るってのは、いつでもしんどいもので。しかも、父が連れてきた相手がお姉さんと同じ年。テンパってるのが、面白いんだか、理解出来るんだかのおかしさ。

「光の海」
酒の弱い映画監督、っていうのが面白い。酒が飲めないと、いろいろと辛そうだ。作者自身を投影している作品か。基本モノローグなので、目を閉じて聞いている方がしっくりときた。

「点描2 ばか」
自己肯定感が低いというか・・・その様がなんともコミカルになるのが、ちょっと皮肉でもある。

「清経」
謡曲を基にした作品との事だけれど、基作を知らず。どこか、森友事件を思わせる設定。残された妻がどう生きるのか。例えばいじめとかでも、こんな情景がみれるのかな、とふと思う。

このカテゴリーの記事