<観劇レポート>オフィスリバー「掃除屋」

#芝居,#オフィスリバー

【ネタバレ分離】

観た芝居の感想です。

公演前情報

公演・観劇データ

団体名 オフィスリバー
掃除屋
脚本 水谷龍二
演出 水谷龍二
日時場所 2020/03/31(火)~2020/04/05(日)
ザ・スズナリ(東京都)

掃除屋【4/4-5公演中止】 | 演劇・ミュージカル等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

名称   オフィスリバー
事業内容 映画、テレビ、舞台における俳優活動、及び、ラジオ、ナレーション等、声による表現活動。俳優・川手淳平のマネジメント。舞台公演のプロデュース

川手 淳平|オフィスリバー|ホームページ

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

劇団七曜日、星屑の会、トム・プロジェクトで上演され
共に好評を博したた水谷龍二脚本の『掃除屋』を、
主演に渋川清彦を迎え、水谷龍二自らの演出により装いも新たに上演する、
オフィスリバーのプロデュース公演第二弾。

観劇のきっかけ

チラシが気になっての観劇です。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

観劇日時 2020年4月2日
14時00分〜
上演時間 90分(途中休憩なし)
価格 3300円 全席指定・tktsで購入

チケット購入方法

当日行くことにしたので、tktsでクレジットカード決済で購入しました。指定席引換券をもらいました。
受付で、指定席引換券を出して、指定席券をもらいました。

客層・客席の様子

男女比は5:5。様々な年代の人がいて、特定の傾向はありませんでした。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・会話劇
・静か

観た直後のtweet

映像化の情報

情報はありません。

満足度

★★★★★
★★★★★

(5/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

ストーリーは。
結婚の挨拶に、恭子の父直哉に会いに来た洋一。汚いアパートの2DKの部屋に住んでる父。「掃除屋」・・・大掃除などを手伝う会社を経営している洋一を、父は気に入らない。かつて恭子がつき合っていた、電気屋の息子の松井君と結婚すればよかったのだと言い放つ。遊んでチャラチャラ暮らしている兄は、恭子に金をせびる。テレビが映らない、と、電気屋の松井君をその場に呼んでしまう父。どうやら、過去に松井君と恭子がくっつくのを阻んだのも、父らしい。洋一にとっては、アパートの一室は何だか吹き溜まりのような場所だけれど、恭子は美人で、気だても良くて。そんなどうしようもない状況を、引き受けようと決意したように見える、洋一。父は松井君と恭子をくっつけようと努力するも、松井君が父に「恭子さんの好きにさせて欲しい」と身を引く。父は結婚を認める事に。再度やり直した、父への挨拶。洋一は、父や兄の抱えている問題・・・父は自ら病気だと言うが、実は病気などなく単に怠けているだけ、兄は500万近く借金しているのに毎日パチンコ生活・・・を話して、「掃除屋」で一緒に働いて変えていこう、と言い放つ。恭子はその場で、結婚の話は無かった事にすると、洋一を追い出す。・・・かつて父は警察官だったけれど、兄が薬物に手を出して、退職せざるを得なくなった。兄が招いた事ではあるものの、どうしようもない状況を生き抜いてきた三人。憎悪の感覚を持ちつつも、家族の絆のようなものを確認する三人・・・それが、洋一の一言で浮き彫りになった。その事を今更ながらに確認する3人・・・と、まとめるのが難しいけれど、こんな感じのお話。

2DKのアパートの部屋のみを舞台にした、4場の濃密な会話劇。しかも、説明みたいなセリフがかなり排除されていて、登場人物の会話のみから、ここにいる人々が置かれている状況が徐々に明らかになっていく。物語自体は、それ程複雑ではないし、90分の間で、結婚の破談以外に劇的な変化がある訳ではないけれども、ここに集まってきている人の状況というか、これまでの人生の苦労なんかが、透けて見えてきた。90分間、殆ど意識を切る事なく観劇した。濃密な会話の時間だった。

ド真ん中の会話劇なので、リアルタイムに物語は進行するし、回想シーンなんかがある訳ではない。それなのに、3人の、それまでの生活が、恭子が子供のころからの苦労が、見ていないのに、ありありと透けて見えたのが面白かった。劇中後半になって初めて分かる事実。父が元警察官で、兄の件で辞職に追い込まれた後、仕事が上手くいっていなかった事。それを、娘の恭子は理解しつつも支えてきた事。兄も、父への反抗期の抵抗から薬物に手を染めてしまったこと。母の存在は示されなかったけれど(会話を聞き逃したかな)、きっと随分前に死別していたのではないかな、とも思う。娘の恭子にとっては、結構ハードな生活だったのだろうけれど。結婚相手とはいえよそ者の洋一が入ってくることで、その生活が浮き上がって見えて・・・とはいえ、お涙頂戴の「家族は大事だよね!」のお説教的なモードには一切ならず、その事を描いていた。3人の生活、見てもないものに、とても愛おしさを感じる舞台だった。

ラスト、父は引っ越しをしていき、あたらしい仕事でやり直すことが暗示される。兄も、そのあたらしい生活に加わるようだ。新居での3人生活が始まる。結果的に「掃除屋」の婚約者が、3人の人生に入る事で、何かが変わった・・・掃除された・・・という物語の取り方が、ひょっとすると作者の意図かもしれない。けれど私は、あまりそのようには取れなくて。きっと父は、次の仕事も上手くいかないんじゃないか、と思うし。兄は、今のままではパチンコ借金地獄から抜け出せるとも思えない。要は、引っ越ししても、何も変わらない。ただ、そこにあった生活、そこにあった記憶、を3人が再確認する事。心の汚れを掃除して、何か大切なものを再確認する事。そんな事は出来た・・・と捉える方が、好きな物語かもしれない。そのための掃除屋だったのかな、と感じた。

印象的な役者さん。石住昭彦の父、カゴシマジロー兄、のやり取りが物凄く印象的。再度結婚祝いをすることになった時に、2人の口喧嘩が始まるが、思わずドキリとしてしまう感覚。石住昭彦の怠惰な父、エロい父が印象的。カゴシマジローの、根は全く悪い人ではないのだけれど、何かのタイミングからズレてしまったんだろうなぁ、というのが、端々の行動に垣間見れて味わい深い。渡辺早織、奇麗な女優さんだなぁというのは終始感じつつも、洋一に反旗を翻す所から女性としての見え方がガラリと変わる。突然、幼少期の彼女の姿まで、背後に見えたりし出す。あの瞬間から増した深みが鮮やかだった。


【舞台】カテゴリーの最近の投稿

いつでもどこでも観放題!演劇動画配信サービス「観劇三昧」


お芝居好きの方は、要登録サービスです。