まだ間に合う公演レポ(26日10時)
●9/27(月)まで コトリ会議「スーパーポチ」
●9/26(日)まで モミジノハナ「危ういながらあなたと、」
●9/26(日)まで ハツビロコウ「夏の砂の上」
●11/30(火)まで 楽市楽座「うたうように」

<観劇レポート>room42 「ずっ止まってる」

#芝居,#room42

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 room42「ずっ止まってる」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名room42
ずっ止まってる
脚本榎本純
演出榎本純
日時場所2021/06/09(水)~2021/06/13(日)
OFFOFFシアター(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

関東でフリーで役者活動をしている、野村亮太が立ち上げた演劇ユニット。
2011年に、WSで一緒になった役者とした、
「お互いに芝居を続けていたら、7年後一緒に芝居を作ろう」
という口約束を実現するために、2018年に野村が作った企画ユニットである。
公演後は、野村の個人ユニットとして活動。
​主催公演を行いつつ、安価で、長期的に演劇を学べる場として、演劇WS「play room」フリーで活動している俳優大和田あずさと気ままに公演をする「おおわだのむらのきかく」​などを運営。

room42

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

一度もレギュラーになれなかった野球部員のボク達が数年ぶりに集まる事に。
今日は誰かの誕生日パーティーをやるらしい。それで誰かを待っているらしい。

説明は必要ですがもう文字数が足りません。

これは喋るだけ喋って、転換の時に、転換っ!、って言いたいコメディ

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2021年6月9日
13時30分〜
上演時間80分(途中休憩なし)
価格6000円 全席自由/指定 2作品セット券

チケット購入方法

劇団ホームページから、2作品券を予約しました。
当日、受付でお金を払いました。
最初の公演で2作品分のお金を支払いました。

客層・客席の様子

男女比は6:4くらい。
若めのお客さんが多かったです。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・泣ける
・笑える
・会話劇

観た直後のtweet

映像化の情報

情報はありません。

満足度

★★★★★
★★★★★

(4/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

仲良し三人組の鈴木はせっかくレギュラーに選ばれたのに、甲子園はコロナで中止。まあ、元々甲子園は行けないかもしれないけれど、目標がない。マネージャの紀見子は、野球部員を励ましつつ、自らの夢に邁進する。やっと夢を叶えた紀見子に、今日はサプライズパーティ。・・・そんなコロナの中の青春と、2023年の今とを交錯させながら、ほろ苦い感情を描く作品。

ずっと公演中止が重なって、楽しみにしていた榎本純の作品。独特の軽さと、馬鹿馬鹿しさと、ほろ苦さが混ざる不思議な感覚。最初は、シーンが断片的過ぎてちょっと意味が分からなかったりするのだけれど、時間を行ったり来たりしているうちに繋がってくる面白さ。そして、ほろ苦さ。独特のテイストでちょっぴり涙を迫ってくる。作風は健在。

これまでは劇研のアトリエだったり、早稲田ドラマ倶楽部だったりで観ていた。セットもしっかりしていたので、割と空間的な迫力も伴ったドラマだったけれど、OFF OFFシアターで素舞台だと、ちょっと小じんまりかな、と感じる部分がある。観ていると途中から、大仕掛け的な中で馬鹿馬鹿しさと切なさを表現するのが、1つの様式美だったような気がしてきて、コロナでいろいろと制約はあるんだろうけれど、OFF OFFなのがちょっと残念だなぁ、と思ったりもした。

役者さん一人一人が魅力的。ナヨナヨして、何考えているのかよく分からない鈴木を演じる、林廉。陰キャ的なウジウジさもあるのに、ひるがえってすごい迫力・すごい声で迫ってくるギャップの紀見子を演じる、岡村梨加が印象的だった。

このカテゴリーの記事

舞台#芝居,#room42