まだ間に合う公演レポ(20日20時)
●5/22(日)まで 劇団ミックスドッグス「グッドバイ,グッドボーイ」
●5/29(日)まで キョードー東京「RENT レント」
●5/23(月)まで Mrs.fictions「花柄八景」

<観劇レポート>劇団ドガドガプラス「春琴SHOW!!」

#芝居,#ドガドガプラス

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 劇団ドガドガプラス「春琴SHOW!!」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名劇団ドガドガプラス
春琴SHOW!!
脚本望月六郎
演出望月六郎
日時場所2022/01/21(金)~2022/01/30(日)
浅草東洋館(浅草フランス座演芸場)(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

ドガドガプラスは、2006年に旗揚げして「踊り子女優化計画」を実行中。網タイツで歌って踊って、笑って泣いて汗を流して。先人たちがつくった浅草レビューの世界観を踏み台に、演劇界に新風を巻き起こしているのです。いまはそよ風程度ですが、これを台風にするためにも、ぜひぜひ応援のほど、よろしくお願いいたします。

劇団ドガドガプラス

事前に分かるストーリーは?

作品ストーリーとは見当たりませんでした。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2022年1月22日
19時00分〜
上演時間160分(途中休憩10分含む)
価格4500円 全席自由

チケット購入方法

劇団ホームページからのリンクで、CoRichで予約しました。
当日、受付でお金を支払いました。

客層・客席の様子

男女比は8:2。男女ともに、40代upが目立ちました。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・にぎやか
・エンターテインメント
・ショー

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(4/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

珍しく、ストーリー記述を見つけられなかったのだけれども。谷崎潤一郎が率いる、谷崎大サーカス。盲目の春琴は、佐助を的に日々出刃打つ。時は戦中。特殊諜報機関の樺島芳子(川島芳子?)が怒論如(ドロンジョ)様で、慕妬(ボヤッキー)と豚顔(トンズラー)も連れている。陸分特務機関は、三人の天使、チャーリーズエンジェルズを谷崎大サーカスにスパイ潜入させる。小説家、高夏は、陸軍の手引きで大サーカスを取材に来るが…。恋は実るのか、誰が見方で誰が敵なのか、春琴は本当に盲目なのか。。。。というのを描いた、セクシードタバタ群像劇・・・だと思う。たぶん。

2007年の「贋作 春琴抄」、2012年「贋作・春琴抄2012」の改訂、再々演とのこと。谷崎潤一郎作品に、殆ど馴染みがない私。正直なところストーリーは、よく分からなかった。ただ、浅草芝居小屋の、あの芝居の雰囲気は健在。客入れ前説で、「2年ぶりの、浅草東洋館」とのアナウンス。え、前回観た「色指南 ~或る噺家の恋〜」から、2年経っているのか…。ホント、コロナのバカヤロウと叫ぶしかない。ドガドガも、コロナ中3回、公演中止があった。

客入れ時のビール争奪戦じゃんけん・・・今回は、消毒済みのポカリスエット争奪戦だったけど・・・もあり。いつものレビューのようなお色気満載の舞台。以前から推しの、古野あきほの春琴と、丸山正吾の掛け合いもいい(急遽の代役、、、というのでびっくり)。石川美樹演じる滝男と、大岸明日香演じる樺島芳子のデュエットがよかったな。あと、早川咲月演じる空カケルと、太立健演じる大杉の、空中ブランコ合戦も印象に残った。

物語があまり理解できなくて、ビジュアルを楽しむ事しか出来なかったけれど。ドガドガが東洋館に戻ってきてくれて嬉しい。最後の掛け声は「ただいま!浅草東洋館!」。観終わった後、肩の荷をおろせたようにスッキリした(一体何の荷物を背負っていたのだろうか。笑)。そんな、楽しい、浅草の舞台だった。