<初日レポート>劇団なのぐらむ「フェイバリット・ミステイク」で、安定したストレートプレイを楽しむ

良質ストレートプレイ。物語を楽しみたいならこの劇団!

f:id:techpapa:20181116005114p:plain

観劇データ

場所 シアターグリーンBIG TREE THEATER
日時 2018年11月15日 19:30-
価格 3500円。自由席
上演時間 1時間30分(休憩なし)

ストーリーは

観光協会が、地元のお寺から借りている土地で運営している、ふれあいパーク。園長が何者かに傷つけられて負傷し、園の職員が一人、逃走したのか行方不明。職員と、観光協会。園を取り巻く人が出入りしながら、園の暗い部分が浮き彫りになっていく。

ストーリーだけまとめるとこんな感じです。

会話だけで進行。ストレートプレイ直球勝負。

出演する役者は、20人。会話だけで進行するストレートプレイ。音楽も、粋な照明変化も、暗転もない。完全な一幕一場劇。「観劇三昧 」の「愚か者のオノマトペ」をそのまま踏襲する路線。

相当の技量がなければ、退屈してしまいそうだが・・・20分もすると、このテーマパークを取り巻く人々の背後に、不思議と引き込まれていた。

個性派の役者

ストレートプレイを支える役者たちは、「観劇三昧 」で見た通り、個性的だ。

坂本護が今回の狂言回し。出演早々に腰を負傷するが、不自然なく舞台に留まり、数々出てくる出演者たちを紡いで、話を一本にまとめ上げている。

山岡南美は、「観劇三昧 」で見た「愚か者のオノマトペ」でも演じていた通り、坂本護が恋する園の職員でヒロイン的な存在。ラストのシーンは、きわどい台詞が出てくるが、主人公の憧れの存在、という存在感を放ち続けていた。

望月茉由は、園長の弟に取り入ろうとする謎の女。堂々とした演技で、人間の持つ陰の側面に現実味を与えていた。

やはり感じるのは、テーマ、について

脚本は、鈴木 実。
20人の役者が、物語の中で死なないよう、慎重な構造になっていた。おそらく、これだけ多人数の役者たちが稽古するのも大変だが、シーンも巧みに分割されていて、それでいて不自然のないように配置されていた。

しかし、脚本が投げかけるテーマに、私としては目新しいものを感じられなかった。園長の陰の部分は、冒頭のやり取りから想像ができる。その意味では、途中から結末が予測できてしまったともいえる。

人間は光と影の部分を併せ持つ。伝えたいことが、その陰陽ということであれば、そうなのかもしれない。でも、舞台として生身の体で伝える必要がある何かは、他にもあるはずだ。これだけ真っ向から会話劇にチャレンジして、客を飽きさせないのであるから、何か大きなお土産を、客に投げかけてほしいと切に思う。

過去の作品は「観劇三昧」で

劇団なのぐらむを知ったのは、この観劇三昧で作品を観たのがきっかけ。本日時点、会員登録で無料で観れます。
愚か者のオノマトペ
絶叫するコンテクスト

観劇三昧 」で過去の公演をチェックして、
好みに合うかどうかを調べてから行くと、
お気に入りの劇団にあたる可能性が上がるかも。

いつでもどこでも観放題!演劇動画配信サービス「観劇三昧」


お芝居好きの方は、要登録サービスです。

舞台, 観劇三昧