まだ間に合う公演レポ(27日3時)
●6/30(木)まで MCR「アカデミック・チェインソウ」
●11/30(水)まで 楽市楽座「ゆりあげ」

<観劇レポート>早稲田大学演劇研究会「Re:ビドー」

#芝居,#早稲田大学演劇研究会

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 早稲田大学演劇研究会「Re:ビドー」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名早稲田大学演劇研究会
早大劇研22新歓
Re:ビドー
脚本佐織祥伍
演出佐織祥伍
日時場所2022/06/10(金)~2022/06/12(日)
早稲田大学大隈講堂裏劇研アトリエ(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

1920年、創立。
この100年間で、名前を変えて、場所を代えて、
そして大勢の人間を替えながらも、多くを受け継ぐ。
そのうえで、捨て去れたら。

活動拠点は、大隈講堂裏に建つ「劇研アトリエ」。
入会希望者は、「新人訓練」を受けたのち、
「新人試演会」を経て、正式な会員となります。
入会後は、原則として平等な公演企画の権利が付与され、アトリエの使用権を会員同士で競り合います。
また、「アンサンブル」と名付けられた派閥制度により、アトリエの使用はさらに円滑なものとなります。

早稲田大学演劇研究会

過去の観劇

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

——あれ、私生きてる。
女は、偶然《じゅう》を拾い、流されるまま知らない家族の元に立てこもってしまう。
鬱々とする中で思い出す過去。

私どうすればいい?何をすればいい?
一人が良い。でも、寂しい。
死にたい。でも、生きたい。

繰り返される生存本能《Re:ビドー》の中で、でも私、生きてる!$$

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2022年6月11日
18時00分〜
上演時間75分(途中休憩なし)
価格無料・カンパ制 全席自由

チケット購入方法

公演Twitterからのリンクで予約しました。
当日受付で名前を告げました。

客層・客席の様子

男女比は6:4くらいで男性多め。
殆どが大学生でした。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・シリアス
・考えさせる

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(4/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

女は家に押し入り、銃を突き付けて、住んでいる母子とおじいちゃんを人質に立てこもる。過去の記憶をよみがえらせながら、孤独を抱える女は自らの心情を語り出す。死んでしまいたい、でも死にたくない…。そんな葛藤を、女と他3人の演者が、様々な役を入れ替えながら演じるお話。

ハイコンテクスト…というか、女の内面を抽象的に描く作品。無機質な白い空間に、墨を散らしたような舞台で、時に身体を使い舞台を所狭しと動き回りながら、ハイスピードなセリフと共に内面が描かれる。多くのセリフが、言葉遊び的な韻を踏むような会話で構成される。…例えば、人質に突き付けている「銃」は「自由」とか「従」とか、様々な意味を持つ言葉に変化していくことで、ひとつの言葉に、2つ以上の意味を持たせていくような描き方が印象的。

描きたいのは、他者とのかかわりの中で自らを「小さい」と感じて、その存在に疑問を持つような感覚…だと感じる。女が人質を取って立て籠っている家は、逆に閉じ込められている場所でもあって。そこから抜け出したいのか、閉じこもっていたいのか。他者とのかかわりの中の自分自身の衝動を、どう表していけばいいのかという自問自答。きっと、人間の頭の中では、そんな事が何度も何度も繰り返されていて、日々自問しながら、生きているのだろうとは思う。

そんな自問自答の感覚。40代の私の視点で観ると、必然的なのか、どこか懐かしい感覚。悩んでる前にやりたい事をやっちまえ…みたいな割り切りが出来るくらいには、私も擦れてしまっているのに気が付く。芝居としての完成度は高くて、飽きることはなかったけれど、どこか遠い鈍い感覚として、目の前の表現を観ていた。