まだ間に合う公演レポ(3日5時)
●10/23(日)まで 劇団た組「ドードーが落下する」
●10/16(日)まで KAAT神奈川芸術劇場 「夜の女たち」
●11/30(水)まで 楽市楽座「ゆりあげ」

<観劇レポート>Project Nyx「青ひげ公の城」

#芝居,#Project Nyx

<観劇レポート>Project Nyx 「青ひげ公の城」

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 Project Nyx「青ひげ公の城」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名Project Nyx
青ひげ公の城
脚本寺山修司
演出金守珍
日時場所2022/09/08(木)~2022/09/19(月)
ザ・スズナリ(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

新宿梁山泊の水嶋カンナが6年に立ち上げたユニット。宇野亜喜良の総合美術、金守珍の演出を基盤に、不朽の名作から知られざる傑作まで、忘却の彼方に漂うイメージに息を吹き込み、現代のパフォーマンスとして蘇らせる実験演劇ユニット。さまざまなジャンルのアーティストが出逢うことにより、演劇という枠を超え、音楽、舞踊、人形、アートが融合した新たなエンターテインメントの創造を志す。第1回公演「かもめ或いは寺山修司の少女論」では、映画のはねた映画館で、映像、朗読、人形、演劇の融合を試み、いままでにない不思議な舞台空間を生み出した。

Project Nyx

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

どれが本当でどれが芝居か。私はいったい誰でしょう?寺山修司の傑作戯曲が、ProjectNyxの妖しく華麗なエンターテインメント美女劇として甦る!!

寺山修司の代表作の一つ「青ひげ公の城」は、1979年、演劇実験室◎天井桟敷が西武劇場で初演した作品です。
パルトークのオペラにもなり、中世フランスに伝わる、妻をめとっては次々に殺したという青ひげ伝説をモチーフにした戯曲です。しかし、寺山作品では、青ひげは登場せず、<中心(主人)の不在>のなか物語が進行します。「青ひげ公の城」という虚構と、その芝居の青ひ げの第七の妻になろうとする少女(虚構の中に入ろうとするが入りきれない現実風の女の子)と、観客(現実)との三角関係に力点が置かれ描かれています。数々の美女劇を手掛けてきたProject Nyxでの上演が最も望まれていた、まさにProject Nyxの集大成となる作品です。
今回も、宇野亞喜良による妖しく華麗な美術、装置、衣裳、美粧と、アンダーグラウンド演劇を引率する金守珍の演出で、演劇、映像、音楽、舞踊を融合させ、女優、女性アーティストだけによるエンターテインメント美女劇として現代の 「青ひげ公の城」を創造いたします。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2022年9月9日
19時00分〜
上演時間125分(途中休憩なし)
価格4800円 全席指定

チケット購入方法

劇団ホームページからのリンクで予約しました。
事前振り込みでお金を支払いました。

客層・客席の様子

男女比は6:4くらい。
男性は中年が多く、女性は年代層様々でした。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・異世界

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(5/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

Project Nyxは、二度目の観劇。

寺山修司の作品「青ひげ公の城」…という事。私自身は、あまり寺山修司の演劇には詳しくないので、この作品が、寺山修司の基の作品と、どの程度同じで、どの程度違っているのか分からない。構成:水嶋カンナ、と書かれているので、元の寺山修司の作品を、かなり大きくアレンジしているように感じる。(そして元々の「青ひげ公の城」のバルトークのオペラとも全然違う。)そのあたりの状況を排して書いてみると。

「青ひげ公の城」が演じられる劇場に来た、七人目の妻。舞台監督と、衣装係の舞台裏の人々と、七人の妻に話を聞いているうちに、段々と「舞台」と「現実」の境目が段々と分からなくなっていく・・・というお話。所々に、寺山修司の他の作品や、古今東西の劇作をモチーフにした構造になっていると思われる。

ストーリーは脇においておいて。なんというか・・・ここはスズナリだったよなぁ、という感覚。出演者は殆ど女性。妖艶というか、怪奇というか。バイオリン(フィドル?)と歌と、手品と踊りと、あれはアクロバットっていうのかな(調べたらエアリアル・・・という語が出てきたけれど)・・・と。虚構の世界ではあるのだけれど、ものすごい世界観を作り上げている。アングラ演劇を自称していたように思うけれど、前作「女歌舞伎 さんせう太夫」同様、エンターテインメント。作品のテーマ同様、虚構の世界にどっぷりつかる。そんな2時間だった。

手品師として出演しているのは、渋谷駿。本格的な手品を、演劇と融合させているのは初めて観たかもしれない。鳩がウサギになり、早替えをして、カードを当てる。言われてみれば・・・こんな取り合わせは観た事ないし、作品の妖艶な世界観に、とてもマッチしていてよい。気になったのは、手品のキメで拍手すると、演劇の流れが停滞する気がして、拍手するのをちょっとためらう所。あのあたりがバランス取れると、更に面白くなりそう。

このカテゴリーの記事

舞台#芝居,#Project Nyx