まだ間に合う公演レポ(27日0時)
●6/30(木)まで MCR「アカデミック・チェインソウ」
●11/30(水)まで 楽市楽座「ゆりあげ」

<観劇レポート>20歳の国 「ホテル」

#芝居,#20歳の国

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 20歳の国「ホテル」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名20歳の国
短編3作品×映像長編
ホテル
脚本石崎竜史(20歳の国)
演出石崎竜史(20歳の国)
日時場所2022/05/13(金)~2022/05/24(火)
新宿眼科画廊(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

WHAT IS 20歳の国 ?
2012年、竜史(現・石崎竜史)のソロユニットとして結成。
「モテたい、売れたい、ちやほやされたい」をスローガンに、フリーの舞台俳優のための演劇団体として活動を開始。2016年、劇団化。
誰もが通ってきた「青春」をモチーフにした作品群を多く発表。
今後は青春に限らず、”まいにち”を愛おしむことのできる演劇を創作予定。
2018~2021年、文化芸術による子供育成総合事業の一環として、都立大泉学園高等学校附属中学校「自己表現」クラスを担当。のべ500名の中学生と演劇作品を創作した。

20歳の国

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

『マジック』 -劇場公演-(上演時間 約45分)
“同じ手品は見せられないんです。二度目は見抜かれてしまうから。” 
クローズアップマジシャンの男と、結婚式場スタッフの女。
情事と情事のインターバル。
息の合った呼吸でわい談をくり広げる、ロマンスの夜。

『コーヒー』 -劇場公演-(上演時間 約45分)
“ひとりで飲むコーヒーがおいしい人は、人生けっこう恵まれてますよ。” 
マッチングした男女と、取り残された客室清掃員たち。 
よるべなき、束の間のコーヒーブレイク。
時間と空間が奇妙に交差する、出会いの夜。

『官能小説』 -劇場公演-(上演時間 約45分)
“官能なんてどうでもいい、私はただ。誰かの心を濡らしたいんだ” 
エロを捨てたい小説家と、エロを渇望する編集者。
終わりの見えない低レベルな舌戦。
男二人がさらけだす、性なる夜。
  
『夜』 -ホテル公演-(上演時間 約100分)
“20歳の国が送る、「あたらしいオンライン演劇」”
同じホテルの同じ夜を舞台にした『マジック』、『コーヒー』、『官能小説』を長編群像劇として再構成。実在するホテルの一室を劇空間に見立てワンカット生配信する、
劇的で、映画的な「夜」。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2022年5月17日
17時00分〜
作品「マジック」
上演時間40分(途中休憩なし)
価格3000円 全席自由

チケット購入方法

劇団のホームページからのリンクで、CoRichで予約しました。
当日受付で、現金でお金を支払いました。

客層・客席の様子

男女比は5:5くらい。
様々な年齢層の客がいました。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・会話劇
・シンプル

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(3/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

自分なりにまとめたストーリー

上演される、3本の短編の内「マジック」を観劇。

結婚式場に勤める女と、(おそらく)そこに余興として招かれてる手品師の男。ゆきずりのセックスの後、ピロートーク。女は自分の名前にコンプレックスのような何かを持ち、男も過去を引きずっている。既婚者同士の2人の情事のはずが、実は二人とも結婚はしてなかった。ベッドのセットの中に、バスローブ。そんな2人の、セックスの合間の、つかの間のトークを切り取ったお話。

感じた事

劇団初見。「ホテル」に関する、短編の連続上演の中の一本。公演終演後、短編の出演者全員が登場する(らしい)長編が、映像公開される仕掛けらしい。

過去の回想を交えながら進む、男と女の会話。2人とも指輪をしていて、既婚同士の恋愛かと思いきや、実は「結婚したかった」という想いみたいなものを抱えている物語。何の気ない会話と、男の手品から、2人のねっとりした時間が伝わってくる感だった。

言葉が難しいのか、頭の中にすんなり入ってくる事が少ない独特の感覚。この二人の性格を表しているのか、作者の言葉の選択が難しいのか、そのあたりが最後まで分からず、ちょっと引っかかった。

舞台#芝居,#20歳の国