<観劇レポート>小松台東 「シャンドレ」

#芝居,#小松台東

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 小松台東「シャンドレ」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名小松台東
シャンドレ
脚本松本哲也
演出松本哲也
日時場所2020/11/04(水)~2020/11/15(日)
こまばアゴラ劇場(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

松本哲也による演劇ユニットとして、2010年12月第一回公演「ノンアルコールで吐く」より劇団活動を開始。
2013年より劇団名を小松台東(こまつだいひがし)に変更。
全作品宮崎弁で上演されていることが特徴で、日常の中で起こる人間の機微を丁寧に、ユーモアを交えて描いています。
2019年より瓜生和成、今村裕次郎、佐藤こうじが劇団員として加入

小松台東

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

あそこに行くと酔う。酒だけが原因じゃない。宮崎弁で贈る、スナックでの話。

観劇のきっかけ

スケジュールと評判を読んで、の観劇です。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2020年11月6日
14時00分〜$$
上演時間110分(途中休憩なし)
価格3500円 全席自由

チケット購入方法

劇団ホームページからのリンクで、当日清算で予約しました。
当日受付で、現金でお金を支払いました。

客層・客席の様子

男女比は8:2。男性は40代upが多し。女性の年齢は様々。
私的には、平日マチネでは、あまりお目にかからない客層構成でした。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・シリアス
・会話劇
・考えさせる

観た直後のtweet

映像化の情報

情報はありません。

満足度

★★★★★
★★★★★

(5/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

ストーリーは。
宮崎の町。工務店というのか、建物の内装を請け負っている会社。外回りで実際に作業する、工員さん二人、長友と町村、元工員で、今は昇進して営業部長になった、鈴木。3人は行きつけのスナック「シャンドレ」でよく飲んでいる。鈴木は、高校の同級生でもあるスナックのママとデキていて、その事でよく分からない脅しを受けてたり。町村は独身で、スナックで飲むくらいしか楽しみがない。しかもかなり酒癖が悪いようで、酒が入るとヤバい行動を取りそう。長友は、子供も小さいし、スナックはそれ程好きという訳でもないけれど、町村に誘われて、おごってももらっているので、いつも入り浸っている。鈴木はママの店の終わるのを待つ。長友は子供が風邪なのに、町村が強引に誘ってくるので断れず。でも、結局喧嘩になってしまう。最終的には、町村と長友は、ゴルフクラブとカッターでやりあったようで・・・。3人や、周りの人(一人二役)が、酒を飲み、酒を飲まれ・・・。かなり端折ってるけど、そんな物語。

何を感じたんだろう。自分でも、今の自分の感情とか、感じ取った事を、言葉にするのが難しそうだ。酒に酔う・・・。とても身近で、近い問題なのに、観たものを上手く消化する言葉が出てこない。そんな感覚。だからこそ、演劇として観れてよかった、という感覚も同時に湧き上がる。そんな不思議だけれど、見たくないものをみた、嫌な感覚の方が大きい。

それぞれの事情を抱えて、酔う、酔わされる。その、酔っている場面の描写が、とにかくリアルで。酒飲み過ぎた翌朝の、あの「あー、やらかしちゃった、イタイな俺。オマケに頭も痛い。」的な、あの朝の独特の感覚を、ねちっこく、ねばっこく、舞台上で表現していて。あの独特な、気だるい感覚に、「二日酔い」以外の名前が、私には語彙がなくて。そのもやっとした感覚を、舞台に乗っけた感。だから、芝居には引き込まれているのに、観ていると、ホントに痛くて、辛くて。そんな感覚が、終始続く物語。作品のテーマ云々よりも、この描写だけでお腹いっぱい、な感覚。

物語は、酒についての善悪を語っている訳ではないと思う。酒を飲む動機はそれぞれだけれど、それでも飲まないとやってられないよね、な感覚。人が酒に求めてしまう何かを、肯定も否定もなく、賛美でも言い訳でもなく、ただ切り取った感覚。だからこそ、「共感」と共に、「分かってもらえるだろうか」という不安みたいなものも、つねに付きまとう。先輩に誘われて、飲みに行くのを断れない長友の、妻とのやり取りや、おそらくEDで女性と縁がない町村のストレスの発散は、どこかで自分も、同じような事に遭遇しているからこそ、付きまとってくるからこその「共感」の感情だと思う。また、男性視点の物語だし、酒を飲める人の物語だから、どちらにも当てはまらない人が観たらどう思うのかな、というような事を考えたりした。

痛くて辛い原因は、なんだろう、と考える。物語は「飲んでいる」シーンが殆どなのに、酔いが目覚めた時の事ばかり考えて、書いている不思議。ふと「罪悪感」っていう言葉を思うようになる。人は何故、酔っぱらった時に「罪悪感」を抱えながら酔うのだろうか。それは、酔っているシーンを、シラフの観客が見ているから、そう感じるのだろうか。スナックのママに「ママとHさせて」と告白するシーンがあったけれど、あれはとても分かり易い「罪悪感」。シラフになった時、きっと「罪悪感」的に振り返られるんだろうな、とか、考えてしまう。ラスト。きっと長友は、殺されてしまったんじゃないかな、という気もする(それにしては、作業服についている血が少ないかな、とも思ったけれど)。そこまでの物語でお腹いっぱいだから、何もそこまで・・・という気もしたけれど。やっぱり観ている側には、「罪悪感」という言葉が浮かんできてしまう。

もう少し日が経てば、「罪悪感」以上の感覚が出てくるかもしれないけれど、観終わった日の感覚では「罪悪感」という言葉が、どういう訳か頭の中を占めてくる作品だった。


【舞台】カテゴリーの最近の投稿