まだ間に合う公演レポ(10日14時)
●11/30(水)まで 楽市楽座「ゆりあげ」

2021年下半期、勝手に観劇ベスト7

#芝居,#観劇総括,#観劇ベスト

誰にも頼まれていないけれど、2021年下半期、勝手に観劇ベスト7。

2021年下半期に観た芝居、96本の中から、ベスト7を選んでみました。 芝居リストはこちら

7本にしたのは、上半期7本選んだから、の意味からです。 個人的な印象の大小を比較しています。

観劇した順番です。

下半期ベスト7(観劇した日付順)

(8月12日)あんよはじょうず。「もう会えないおまえのための三篇」


鮮烈なイメージと、鋭い言葉。どちらも忘れられず。細かいストーリーはもう忘れてしまっているのに、ものすごく胸を締め付けられる何かを、爆音ハイテンションで描き切る作品でした。

あんよはじょうず。「もう会えないおまえのための三篇

(9月10日)東京演劇アンサンブル「タージマハルの衛兵」


あの血の海は忘れられず…です。

東京演劇アンサンブル「タージマハルの衛兵

(9月30日)theater 045 syndicate「ヨコハマ・ヤタロウ~望郷篇~」


ヤタロウがKAATに帰ってきた。演劇が演劇たるゆえん。

theater 045 syndicate 「ヨコハマ・ヤタロウ~望郷篇~

(10月15日)制作「山口ちはる」プロデュース「ビニール袋ソムリエ2021」


あのナンセンスなバカ真面目は、忘れられない。ファミマの自動ドアが開く、あの音を聞く度に思い出す。

制作「山口ちはる」プロデュース「ビニール袋ソムリエ2021

(10月21日)壱劇屋「独鬼」


セリフの無いサイレントな殺陣。忘れられず。全身タイツは観なくてよかった。ホントに。

壱劇屋「独鬼

(11月1日)あやめ十八番「音楽劇 百夜車」


物語は、2か月経った今でも、全く受け入れられてないのに。それでも、あの空間の美しさを忘れられない。

あやめ十八番「音楽劇 百夜車

(12月23日)虹の素「失恋博物館 Ⅵ」


ほっこり。優しく。暖かい。演劇の原点みたいなもの。

虹の素「失恋博物館 Ⅵ

次点(観劇した日付順)

(7月12日)劇団水中ランナー「5秒ぐらい死んでもいいかなって思った事がある」
(7月15日)劇団チョコレートケーキ「一九一一年」
(9月2日)小松台東「デンギョ-!(2021年再演)」
(11月5日)SPOTTED PRODUCTIONS「水深ゼロメートルから」