まだ間に合う公演レポ(30日3時)
●11/30(水)まで 楽市楽座「ゆりあげ」

<観劇レポート>モミジノハナ 「粗末な人たち 新宿編」

#芝居,#モミジノハナ

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、モミジノハナ 「粗末な人たち 新宿編」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名モミジノハナ
第三回公演
粗末な人たち 新宿編
脚本野花紅葉(モミジノハナ)
演出野花紅葉(モミジノハナ)
日時場所2022/03/23(水)~2022/03/27(日)
雑遊(東京都)

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

モミジノハナ
野花紅葉が主宰する個⼈演劇ユニット。2019年2⽉『粗末な⼈たち』で旗揚げ。 紅葉の花のような「⾝を潜めている美しくないもの」をテーマに、それを否定しない演劇を上演する。恋愛やセックスなど極めて個⼈的な事柄について描き、その中で⽣まれる愚かで醜くも切実な⾔葉を⼤切に、「否定しない」。

モミジノハナ

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

2019年の旗揚げ公演『粗末な人たち』を「新宿編」として再構成した完全新作。
新宿のとある会員制キャバクラに小説家志望の女・サクラが入店し、そこで働く人たちを「取材」と称して観察するところから物語がはじまる。
他人の人生を面白がること、他人に人生を消費されること、それでも、面白がってもらったり消費されたりしなきゃやってらない、はじまらないってことについて、自身を商品として生活する世界を通して考えてみようと思います。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2022年3月24日
14時00分〜
上演時間85分(途中休憩なし)
価格2500円 全席自由 平日昼割

チケット購入方法

団体ページからのリンクから、予約しました。
当日受付で現金でお金を支払いまた。

客層・客席の様子

男女比は95:5。30代upの男性がほとんどでした。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・会話劇
・シンプル

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(4/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

ストーリーは事前紹介の短いフレーズの通り。会員制のキャバクラの女性たち。そこに、小説家志望で働きながら「取材」をしたいというサクラが入ってくる。どこか空気が読めないサクラは、店のいろいろな人に「取材」をするも煙たがられるが、本来は「風紀」で禁じられている黒服の黒岩と、なんだかんだみんな関係を持っている。サクラは、賞に応募する小説として何を書くのか・・・と強引にまとめるとそんなお話。

気が付くと、みんながみんな「風紀」を犯していて、それぞれがそれぞれに依存している。お店では擬似的な恋愛を売っているのに、中の人々も、客とは別の世界の疑似恋愛に頼っているのが、なんとも皮肉というか。人ってそんなものだよね、みたいな、ちょっとあきらめにも近い想いが生まれてくる。前回観た、「危ういながらあなたと、」の時もそうだったけれど、キャバクラやラウンジの「客」は、どちらの物語にも出てこない。でも、目の前で展開している事が、実は「客」側からみた擬似恋愛と、とても似ているように感じる。裏でも同じこと、みたいな皮肉なのか、描き方の美学なのか。

多くは、外から入り込んだサクラの視点で描かれる物語だけれど、どこかサクラにも、客は感情移入ができない。劇中のセリフの通り、「そんなに人の心が分からないで、小説なんか書けるのか」という感覚を、観客も持つ。泥沼な関係が明かされるのとは別に、どこかチグハグなサクラの視点が鬱陶しく感じる。ラスト、マリに対して「なにもない」と言い、その「なにもない」を小説に描いた、と言い切る。・・・チグハグの極致というか、もし何もないなら、なぜ何もなくなったんだろう、みたいなことを考えるように思うのだけれど、それもない。芝居の大部分を使って演じられるネバネバを、何もない、と言い切るサクラを、どう受け止めたらいいんだろう…みたいなことを、終演後少し悩んでしまった。