まだ間に合う公演レポ(7日8時)
●5/9(日)まで iaku「逢いにいくの、雨だけど」(2021年再)
●5/16(日)まで 劇団四季「ロボット・イン・ザ・ガーデン」

<観劇レポート>エンニュイ 「『無表情な日常、感情的な毎秒』4月公演」

#芝居,#エンニュイ

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 エンニュイ「『無表情な日常、感情的な毎秒』4月公演」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名エンニュイ
Performance of the day 2021-2022
『無表情な日常、感情的な毎秒』4月公演
脚本長谷川優貴
演出長谷川優貴
日時場所2021/04/24(土)~2021/04/25(日)
飯島商店(神奈川県)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

エンニュイ​
お笑いコンビ「クレオパトラ」長谷川優貴主宰の劇団

メンバーの経歴は様々
2017 年3 月旗揚げ公演「ゼンイとギゼンの間で呼吸する世界」上演

劇団の名付け親は又吉直樹氏(ピース)
曰く、「『アンニュイ』と『エンジョイ』を足した造語であり、物憂げな状態も含めて楽しむようなニュアンス」

エンニュイ

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

240年ぶりに時代が変わるらしい。
身体ではなく、魂で生きる時代。
​フィルムのような時代を生きる酩酊した人々の話。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2021年4月24日
14時00分〜
上演時間75分(途中休憩なし)
価格2300円 全席自由

チケット購入方法

劇団ホームページからのリンクで、予約フォームで予約しました。
当日、受付で現金でお金を払いました。

客層・客席の様子

15名限定の客席。男女比は8:2くらい。
40代upの方が多かったように思います。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・会話劇
・不思議
・SF
・笑える
・シンプル

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(4/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

横須賀中央駅から近い場所にある、古民家?、閉店した商店?の二階の和室での演劇。久しぶりにこういう、劇場以外のスペースでの演劇を観た。

不思議な作品だった。4人+演奏者が、問わず語り。客入れしている時も、だべっている。その延長線上で、(でも明確に開始タイミングを示しつつ)始まる演劇。

会話が自然…というか、あまりにも普通。まるで、アドリブのような言葉が続く。それでいて、紡がれる物語は明確な方向性があって、芯を外さない。無駄が多いのに、無駄がない、という不思議。無駄な間とか、言い間違いが多いのに、ストレスがない。どの程度まで脚本化されているのか、というのが途中から気になる。現代口語劇…いわゆる「静かな演劇」とも、明確に作り方が違う。書いていて、どう表現したらいいのか、上手い言葉が見つからない。独特の不思議な空気感を持っている作品。古民家での、客との距離が近いから成立する演劇、手法かもしれない。

語られるのは、関連のない4つのエピソード。会社を辞めた友達の家に勇気出して行ってみたら、幽霊…というか友達の影がいた話。スピリチュアルにハマった同棲中の彼女に、くるぶしを蹴られる彼が、どうして蹴られるのか、ロールプレイして気が付く話。万引き犯は、未来から別の世界を見せに来た人だった話。毛のないキツネが、庭で喧嘩している話。東日本大震災で家は流されたけれど、ゲーセンで使うカードが入ったバッグが見つかる話。出演者自身のエピソードを語っているようにも見えるし、そういう"お話"のようにも感じる。とても曖昧な状況だからこそ、引き込まれる。

古民家。前は横須賀の、商店街の整備された裏通り。時に通りに降り立って、出演者たちが何か「実況見分的な説明」を見せ、客は一度立ち上がり、春の心地よい風を受けつつ、窓から一階の通りで叫ぶ出演者を眺める。晴天で良かった、と思いつつも、ライブ、客と演者の近さを感じる。

劇中、お好み焼きを作る。立ち込める、お好み焼きの匂い。…コロナ禍の演劇で、料理作る「匂い」の演出は、これまで他作で何度か観たけれど。その料理を、ディスタンスを保ちながら、食べてる風、「精神で食べてる」っていう、それまで以上の異常なディスタンスでの食事。ちょっとしたおちょくり方が面白かった。

特に好きだったエピソード。スピリチュアルにハマった同棲中の彼女の話は、どこかシュールな「コント」の要素、シティボーイズ・ライブの初期の、暗い短編作品に通じる感覚。彼氏彼女をロールプレイしながら、横で、彼女が観ているYouTubeの映像を再現しながら進むお話。…感想を書きながらまとめていたら、主宰の長谷川優貴は、お笑いコンビの一員、と知って納得。…それにしても、スピリチュアルの彼女の話は、客の想いと"彼"の見方が完全にズレていて、クスクス笑わずにはいられない。とりあえずそのスピリチュアルな彼女から離れろよ、的なツッコミしたくてたまらない。

『無表情な日常、感情的な毎秒』は、毎月一回公演している様子。聞き間違いでなければ、毎回同じ「脚本」で上演しているとの事。今回の4月公演は4ステージだけれど、それでも各回できっと差がありそうな内容で、回ごとの差が気になるのだけれど。毎月、毎回、同じ脚本で演じているとすると、別バージョンを観たくなる。そんな事を思った。


このカテゴリーの記事