まだ間に合う公演レポ(30日3時)
●11/30(水)まで 楽市楽座「ゆりあげ」

<観劇レポート>藤一色「七転十倒」

#芝居,#藤一色

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 藤一色「七転十倒」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名藤一色
藤一色 第十一色公演
七転十倒
脚本遠藤遥風(藤一色)
演出加藤広祐(藤一色)
日時場所2022/10/19(水)~2022/10/23(日)
シアター711(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

藤一色(ふじいっしょく)は、
2015年に主宰・遠藤遥風と加藤広祐を
中心に旗揚げした劇団です。

「遠くないファンタジー」を
コンセプトとして掲げ、
虚構と現実の境を曖昧にし、
見る人を肯定する物語を創り出しています。

藤一色

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

どう考えてもおかしい

今か昔か、とあるところに限界集落がありました。
村民の興五郎は言いました。
「井の中の蛙、井の中にして大海を制す。オラは村おこしに乗じて天下を取る」
一進一退七難八苦、寝ても覚めても七転十倒。
無から有を生み出そうとした、とある創作者達の物語。

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2022年10月21日
19時00分〜
上演時間90分(途中休憩なし)
価格3500円 全席自由

チケット購入方法

劇団のホームページからのリンク先で予約しました。
当日受付で、現金でお金を支払いました。

客層・客席の様子

男女比は7:3くらいでシニア男性が多めでした。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・会話劇
・考えさせる

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(5/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

ダムに沈んでしまう候補になりそうな、ド田舎の村。村おこしに、「何か面白いもの」を作るぞと回覧版を回したら、集まってきた面々。どうやら、「演劇」のようなものをみんなで創作しているらしいが、何を作っているのかは一向に分からない。でも、ある一つの物語をみんなが作ろうとしている、らしい。ただ、村おこしイベントの申請日を間違えたり、伝染病が流行ったりして、その作品はお披露目されず。実は集まった面々は、村にいる妖怪が、人間のふりをして集まってた、らしい。ダムに沈む村の中から、これじゃ終われねえ、とYoutubeを配信してみるも・・・な作品。

劇団初見。とても面白かった。ストーリーをあらためて強引に書き下してみると、何だかよく分からないけれど、観ていて不明確な部分はあまりなくて。むしろ、冷静に考えるとよく分からない事を、気がつくと信じてしまっている自分がいる感覚。冒頭あたりの会話から、どうもこの面々は人間じゃないんじゃないかなぁ、なんて事は薄々気がつくのだけれど、違和感を投げかけつつも徐々に種明かししていく物語。

村おこしに作っている「物語」・・・について、それが「演劇」だとか「小説」だとか、あるいは「映像作品だ」という、何を作っているのかが一向にに語られない。それなのに、「よい物語」の書き方とか、「物語」と「作品」は何が違うのかとか、「すべての物語の原型は、シェークスピア時代に完成している、何ていうのは傲慢な誤解だ(うろ覚え)」なんて事を、登場人物たちは「たのしいもの」を作りながら、延々と語っている。「演劇」という言葉のフチを歩くように、出すことを避けたまま、それでもそこで語られているのは、明らかに「演劇」であり、あるいは「映画」のような物語創作。

そんなフチどり方をみていると、不条理な演劇のようにも見えてくるし、あるいは、演劇に対して「屁理屈」をこねているようにも見える。あるいは、最後に出てくるコロナとおぼしき伝染病からも、この作品自体が全てブラックコメディのようにも見えてくる。不思議な会話のやり取り。その背後に、演劇であったり物語創作に対する、コロナ禍で被った諸々のネガティブな事象と、それを上回るような愛情とが、透けて見えてくる。よく見かける「演劇への愛を語る演劇」は、よい作品でも、常に若干の気恥ずかしさが付きまとうけれど、あの恥ずかしい感覚もフチを通って避けながら、いい塩梅に描いた作品だった。

舞台#芝居,#藤一色