まだ間に合う公演レポ(4日23時)
●5/16(日)まで 劇団四季「ロボット・イン・ザ・ガーデン」
●3/14(日)まで 劇団チョコレートケーキ 「帰還不能点」

<観劇レポート>KAAT神奈川芸術劇場 「「アーリントン」 〔ラブ・ストーリー〕」

#芝居,#KAAT,#白井晃

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 KAAT神奈川芸術劇場「「アーリントン」 〔ラブ・ストーリー〕」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名KAAT神奈川芸術劇場
「アーリントン」 〔ラブ・ストーリー〕
脚本エンダ・ウォルシュ
演出白井晃
日時場所2021/01/16(土)~2021/01/31(日)
神奈川芸術劇場・大スタジオ(神奈川県)

CoRich 公演URL

団体の紹介

神奈川芸術劇場。横浜の山下公園近くにある劇場です。

ミッション
「3つのつくる」をテーマとする創造型劇場
【モノをつくる 芸術の創造】
演劇、ミュージカル、ダンス等の舞台芸術作品を創造し、発信します。県民の財産となるようなオリジナル作品を創造し、次代に引き継ぎます。
【人をつくる 人材の育成】
舞台技術者、アートマネージメント人材など文化芸術人材を育成します。より良い作品創りのために、劇場スタッフが施設利用者をサポートします。
【まちをつくる 賑わいの創出】
公演事業の積極展開、創造人材の交流及びNHK横浜放送会館を始めとした近隣施設との連携により、賑わいや新たな魅力を創出し、地域の価値を高めます。

KAAT神奈川芸術劇場

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

高いビルのなかにある、待合室。
若い女“アイーラ”はそこでずっと、自分の番号が呼ばれるのを待っている。
隣の部屋では“若い男”がモニター越しにアイーラを見ている。
彼はきょうはじめてそこへ仕事にやって来た。
壁をへだてて、ふたりの心が静かにゆれる。
やがてアイーラは自分の運命を知る。
そして彼女の番号がきたとき、男はとほうもない決断をする。
それは…。

観劇のきっかけ

KAAT芸術監督、白井晃さんの演出だから、の観劇です。

  • 2020年12月19日 東京デスロック「外地の三人姉妹」
  • 2020年12月01日 KAAT神奈川芸術劇場「オレステスとピュラデス」
  • 2020年09月21日 KAAT神奈川芸術劇場『音楽劇「銀河鉄道の夜2020」』
  • 2019年09月16日 KAAT神奈川芸術劇場「怪人と探偵」
  • 2019年09月11日 快快(FAIFAI)「ルイ・ルイ」
  • 2019年07月09日 KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「ビビを見た!」
  • ネタバレしない程度の情報

    観劇日時・上演時間・価格

    項目データ
    観劇日時2021年1月20日
    14時00分〜
    上演時間110分(途中休憩なし)
    価格6000円 全席指定

    チケット購入方法

    KAATのホームページから、チケットかながわ経由で予約しました。
    セブンイレブンで受取時に、クレジットカードで決済しました。

    客層・客席の様子

    男女比は5:5くらい。
    平日マチネだったからか、50代upのシニア層の客層が多かった気がします。

    観劇初心者の方へ

    観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居ですが、明確なストーリーがないので、積極的にはお勧めしません。
    特に「ラブ・ストーリー」という記載がありますが、おそらく一般的に想像するラブストーリーとは異なります。

    芝居を表すキーワード
    ・不条理劇
    ・シリアス
    ・考えさせる

    観た直後のtweet

    映像化の情報

    情報はありません。

    満足度

    ★★★★★
    ★★★★★

    (3/5点満点)

    CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
    ここから先はネタバレあり。
    注意してください。

    感想(ネタバレあり)

    うーん。よく分からなかった、というのが一番の感想。いや、分かるような気がするのだけれど、それが表現としてどうなんだろうと思う感覚、と言った方が正しいか。

    管理社会の中にいて、管理する人と管理される人がいて。その中で、管理する人が運命や死期を決める社会。「タワー」と呼ばれる塔の中にいて、番号で呼ばれるのを待っている。その部屋の情景と。その部屋を監視する人、そこから森へ逃げてきた、二人の恋のお話。

    空間の作り方は凄いな、と思う。箱庭のような部屋と、それを監視するモニター。モニタールーム。監視カメラでその部屋の様子が、リアルタイムの舞台の映像として見えている。最終的には、天井が崩れていく。崩れた天井から光が差し込み、森に迷い込んだ二人に秋の落ち葉が舞い降りてくる。空間の変わり様、無機質な空間が、どこか有機的にも見えてくる。その変化は面白い。

    寓話的なお話が、直接的に響いてこな感覚。なんだろう。ちょっと白けて観ている自分に気が付く。今の時代に、こういう形態の表現が合っているのかな…とかまで考えてしまう。どことなく映画「THX1138」とか、映画「ソウ」とかを思わせる。どこか古臭く感じる理由は、とか。そんな事を観ながら四六時中考えて観てしまった。観劇後、パンフを読む。作家のエンダ・ウォルシュ。アイルランドの作家。1967年生れ。作品自体は2016年の作品、決して古い作品、という訳ではないのだけれど。空間演出が伴っていないと、もっと古い、と感じたかもしれない。

    このカテゴリーの記事

    舞台#芝居,#KAAT,#白井晃