まだ間に合う公演レポ(30日8時)
●11/30(水)まで 楽市楽座「ゆりあげ」

<観劇レポート>劇団ミックスドッグス「グッドバイ,グッドボーイ」

#芝居,#ミックスドッグス

【ネタバレ分離】昨日観た芝居、 劇団ミックスドッグス「グッドバイ,グッドボーイ」の観劇レポートです。

公演前情報

公演・観劇データ

項目データ
団体名劇団ミックスドッグス
’22 Spring stage
グッドバイ,グッドボーイ
脚本奥田悟史
演出奥田悟史
日時場所2022/05/18(水)~2022/05/22(日)
上野ストアハウス(東京都)

CoRich 公演URL

団体の紹介

劇団ホームページにはこんな紹介があります。

劇団ミックスドッグスは、2011年2月、作家・演出家の奥田悟史により、東京理科大学・劇団ポコポコの同期と結成されました。間もなく、10周年を迎えます。

活動指針は「どんなときでもあなたを元気に!」。人間と物語と演劇の力を信じたストレートプレイを追求し続け、ジェットコースターのように展開する戯曲、鮮やかな照明、心揺さぶるロックサウンド、ハキハキ喋ってガシガシ動く熱量高い演技を武器に、音楽、映画、SNS、ネット配信など多様化するエンターテイメントに対抗できる演劇を目指しています。

劇団名は雑種犬を意味します。「血統書の無い演劇界の隅っこスタートの僕らだけど、新たな血統と認められるくらいのし上がろう!」という野心と、「個性を掛け算し、持ち前の愛嬌で世界に笑顔を!」という願いが込められています。

現在、劇団員の中で旗揚げメンバーは奥田1人になりました。けれども、新たな仲間に恵まれ、この度、次なる10年の目標を決めました。

「動員100万人の劇団になる。」

……みんなで決めた、どうしようもなく壮大な目標。愛と夢のパワープレイ劇団として、希望しかない未来を全力で駆け抜けようと思います。
何より、あなたの応援が不可欠です。是非一度、僕らの公演にお越しください。どんなときでもあなたを元気にします。それでは、劇場でお会いしましょう!

2020年9月22日
作家・演出家・劇団代表 奥田悟史

劇団ミックスドッグス

過去の観劇

事前に分かるストーリーは?

こんな記載を見つけました

2030年。あらゆる物が人工知能(AI)に管理された「ハイパーデジタル時代」。
究極のAI開発に全てを捧げていた立川良輔40歳は、家族を壊し、一人息子にも縁を切られた。

それから30年。2060年「アナログバック時代」。AIは人類の敵とみなされ、誰も開発を続ける者はいなかった。70歳になった良輔達を除いては……

ある日、見知らぬ少年が彼の元を訪ねてくる。立川楓、AI開発に憧れる10歳。「おじいちゃんに会いに来た」と言う……予期せぬ初孫との出会い!
一方、楓の父親であり、良輔の息子である翔馬は、デジタル管理局局員として、違法なAI開発を続ける老人達の調査を命じられていた……

ネタバレしない程度の情報

観劇日時・上演時間・価格

項目データ
観劇日時2022年5月20日
19時30分〜
上演時間105分(途中休憩なし)
価格4500円 全席自由

チケット購入方法

劇団ホームページからのリンクで、予約しました。
当日受付で、現金でお金を支払いました。

客層・客席の様子

男女比は4:6くらい。
様々な年代の客がいました。

観劇初心者の方へ

観劇初心者でも、安心して観る事が出来る芝居です。

芝居を表すキーワード
・SF
・ハッピー

観た直後のtweet

満足度

★★★★★
★★★★★

(4/5点満点)

CoRich「観てきた」に投稿している個人的な満足度。公演登録がない場合も、同じ尺度で満足度を表現しています。
ここから先はネタバレあり。
注意してください。

感想(ネタバレあり)

3年前に"再再演"を観た。作品を観るのは2度目なので、今回は"再々再演"という事だろうか。ストーリーは基本同じ。感想をここに書いてはいるものの、余り印象に残らなかった、というのが正直なところ。観ながらストーリーは徐々に思い出すのだけれど、演出的な面白さが目立ったのか、前回観た作品とは全く違う印象を受けた作品だった。

前回観た劇場、BroaderHouseがちょっと小さすぎたのかもしれない。前回からどこが変った場所かな…と思いながら観ていたけれど、「ここが変わったかな」っていう部分、同じことが前回の感想にも書かれているので、何だろう…という感覚。AIが古臭い…っていうのが前回の感想に書かれているけれど、今回はそう感じなかったのはなんだろう。記憶が薄れている事もあって、何で印象が変わったのか、ちょっと判然としなかった。

役者さん。沼田天音、演技のタッチが大きく変わった?何度か拝見している役者さんだったけれど、知らない役者さん?と勘違いしたくらい。前回の感想だと、幾世優里がIROHAを演じているので(確か、KOKIは沼田天音が演じていた)配役が逆になった?という事か。記憶違いでなければ、作品の印象が大きく変わった印象は、この配役のスイッチにあったのかもしれない。

このカテゴリーの記事